« 「存在と時間」 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在と時間」  さよなら絶望先生『第百十三話 痴人のアリ』バージョン »

2008年1月24日 (木)

「存在と時間」 落語『崇徳院』バージョン

「お嬢さまにもらった『存在と時間』を読み出してからというものは、なにをみてもデカルト批判にみえる。世界内存在がデカルト批判にみえる。道具的存在がデカルト批判にみえる。掛け軸のだるまさんや横の花瓶や鉄瓶までがデカルト批判にみえる。おまえの顔までが、だんだんとデカルト批判に……」

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『崇徳院』

『ルネ・デカルト』(Wikipedia

 

(古賀)

« 「存在と時間」 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在と時間」  さよなら絶望先生『第百十三話 痴人のアリ』バージョン »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/17821763

この記事へのトラックバック一覧です: 「存在と時間」 落語『崇徳院』バージョン:

« 「存在と時間」 修羅の門バージョン | トップページ | 「存在と時間」  さよなら絶望先生『第百十三話 痴人のアリ』バージョン »

カウンター&Twitter(嘘哲学)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。




  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

今週のおすすめサイト

面白いサイト