トップページ | 2008年1月 »

2007年10月

2007年10月10日 (水)

「存在と時間」 銀のロマンティック…わははバージョン

「現存在は、分析の出発点においては、或る特定の仕方で実在する差別のすがたにおいて学的に解釈されるものではけっしてなく、現存在が差しあたってたいてい無差別にとっているすがたにおいて暴露されるべきである。(中略)われわれは現存在のこうした日常的な無差別のすがたを平均性と名づける」(『存在と時間』第9節より)

「…と、偉そーに語った先生はナチを背負って権力にすりよったんだね」

「う~ん、さすがはハイデガー先生。奥の深い言葉だ…」

「そーかい?」

「そーだ。その言葉の意味がわかるか?」

「わかるよ、それぐらい。よーするにわりかし平均的日常的っぽいところに、存在的な問いやら存在論的な問いやらを解明する鍵はころがっているかもしんないって話だ」

「おまえがゆーととたんに格調が失われるのは なぜだ…」

【関連情報】

銀のロマンティック…わはは』(Wikipedia

(古賀)

2007年10月 8日 (月)

「存在と時間」 はれときどきぶたバージョン

♪今日も存在(ある)のね わけもわからず
それが現存在なのね
平均的な現存在が お出かけするの
日常的な現存在が よそよそ行くの
平均的な現存在が 日常的な現存在が
空談などして 空談などして
虚しく頽落するの

ママ「そんな歌作って楽しいか!」
矢玉アナ「楽しいですよ!平均的日常性に頽落した現存在のお母さんをさしあたって存在(ありかた)の分析の出発点とするのは!」

ママ「ママどっか~ん!」

【関連情報】

はれときどきぶた』(Wikipedia

(古賀)

「存在と時間」 ぼのぼのバージョン

「アリストテレスさん、存在ってどうしてそこにあるの?」

 

「アリストテレスさんにもわからないのか。しょうがないから自分で考えてみよう」

「考えている」

「どんどん考えている」

「不安な考えになってしまった」

【関連情報】

ぼのぼの』(Wikipedia

(古賀)

「存在と時間」 伝染るんですバージョン

「存在ください」

「…………存在っていったっていろいろありますからね、犬とか机とか世界とか……」

「いえ、そういうのじゃなくて存在が欲しいんです」

「……お耳が早い。実はすごいのが一つ入ったんですよ。ギリシア原産でとうに滅びたといわれていた最高の普遍的概念が……」

「だからそういうのじゃなくて存在ください」

【関連情報】

存在と時間』(Wikipedia

伝染るんです。』(Wikipedia

 

(古賀)

トップページ | 2008年1月 »

カウンター&Twitter(嘘哲学)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。




  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

今週のおすすめサイト

面白いサイト