2008年7月 9日 (水)

8日、「くいだおれ」とともに閉店

7月8日、1949年に創業し、大阪の名物店として長く親しまれた道頓堀の飲食店「くいだおれ」が閉店し全国に話題をよんだ。同日、1776年に創業し、長い間名物国家として親しまれてきた「アメリカ合衆国」も業績不振のために閉店したが、「くいだおれ」閉店の陰に隠れた形になり特に話題にはならなかった。

今後は、看板人形「自由の女神」の取り扱いや跡地利用についてひっそりと検討が進められる。

【関連記事】

くいだおれ:太郎が道頓堀で働けるよう努力…閉店で社長

【関連情報】

『アメリカ合衆国』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月15日 (日)

週刊サンデーに漫画家続々苦言

「週刊少年サンデー」に連載された人気漫画「金色のガッシュ!!」の原画5枚を紛失したとして、著者の雷句誠(本名・河田誠)さんが、発行元の小学館に対して起こした訴訟により、「うーん、わしじゃあ。手塚じゃあ。ここは暗くて寒いところじゃあ。それにしても小学館はけしからん」「うーん、わしじゃあ。石ノ森じゃあ。ここは暗くて寒いところじゃあ。そういえばわしも原稿をなくされたことがあるわい」「うーん、わしじゃあ。梶原じゃあ。ここは暗くて寒いところじゃあ。そんな編集者拉致監禁しろ」などブログ等で苦言を呈する漫画家が続出しており、小学館は対応に苦慮している。

小学館広報部のコメント「いろいろなことを言う人がいますが、一つ一つにコメントする必要はないと思っています。妖怪や幽霊に詳しい藤田和日郎先生から聞いた話によると、低級な動物霊が有名な漫画家になりすまして発言しているブログもあるだろうとのことですが、現時点でははっきりしたことは言えません。」

【関連記事】

小学館が人気漫画原画を紛失、著者が賠償求め提訴

週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか

【関連情報】

『「漫画家」は敵ではありません』(雷句誠の今日このごろ。)

橋口先生を名乗るブログ、偽物の可能性高し:新條まゆ先生からエール』(絶望先生ブログ するんぱしっく・わ~るど

『雷句誠が小学館を提訴まとめ』

『雷句誠』(Wikipedia

『藤田和日郎』(Wikipedia

『口寄せ』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ニュース | 日記・コラム・つぶやき