« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

招待なんていらない!登録制を導入へ

株式会社スカーヴァティーは、ソーシャル・ニルヴァーナ・サービス「西方極楽浄土」への登録が、既存の阿弥陀如来から招待されていない人でも登録できるように、2010年3月1日からユーザー登録の仕様を一部変更することを明らかにした。

今回の変更で生前に阿弥陀如来の名を1度も唱えなかった衆生でも極楽浄土への登録ができるようになるが、称名念仏の送信、称名念仏からのユーザー登録もこれまで通り行うことができる。

また、西方極楽浄土は実際の阿弥陀如来の下で修行しないと完全には成仏できないサービスのため、以下の仕様は3月1日以降も変更はない。

1人1蓮華まで登録が可能。
・マイ阿弥陀如来が0人の状態が一定期間続くと、西方極楽浄土が利用できなくなる仕様となっている。
・その場合は兜率天に行き、弥勒菩薩が仏になって自分を救済してくれるまで56億7000万年待ち続ける必要がある。

スカーヴァティーのアヴァローキテーシュヴァラ(観世音菩薩)副社長は、称名念仏なしで極楽往生した場合、新しくユーザー登録された衆生が期間内にいち早く実際の阿弥陀如来を見つけることができるような機能を用意するとしている。

【関連記事】

招待メールなんていらない! mixi、登録制を導入へ

【関連情報】

『極楽』(Wikipedia

『念仏』(Wikipedia

『称名念仏』(Wikipedia

『観音菩薩』(Wikipedia

『弥勒菩薩』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月 7日 (日)

凶悪犯罪には「死刑」。過去最高の100%

死刑制度に対する意識を探る内閣府の昨年の世論調査で、凶悪犯罪を行った者には積極的に「死刑」をとなえる人の割合が過去最多の100%となったことがわかった。同府が6日、結果を公表した。

調査は昨年11月末から12月初旬にかけて、全国の12歳以下の少年警察官100人を対象に面接の形で実施した。有効回答は64人。 残りの36人の回答は「んがっ」「あふりか象が好き」「八丈島のきょん」「前後に揺れるのが男心で前ぎに揺れるのが女心」など全く意味不明だったため、無効とされた。

同じ質問で1994年から5年ごとに「全国のバカ田大学卒業生100人」「全国のハレンチ学園教職員100人」「全国の男塾塾生100人」など少しずつ対象を変えて調査が続けられているが、回を追うごとに容認派が増えている。結果からは、死刑を廃止すると凶悪犯罪の増加につながりかねないとの不安がうかがえるが、「調査対象が偏りすぎているのでは」という識者からの強い批判もある。

【関連記事】

死刑「やむを得ない」過去最高の85.6% 内閣府調査

【関連情報】

『死刑』(Wikipedia

『がきデカ』(Wikipedia

『天才バカボン』(Wikipedia

『ハレンチ学園』(Wikipedia

『魁!男塾』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »