« 研究部門、50年の歴史に幕 英国防省 | トップページ | 8割が「必要ない」 内閣府調査 »

2009年12月 6日 (日)

被害者映像、ミスで法廷の大型モニターに映し出される

笛育地裁で4日に開かれた強盗傷害事件の裁判員裁判で、被告や傍聴人から見えないように設けた仕切りの中で証人尋問を受けていた被害者の男性の所持していた「呪いのビデオ」の映像が、法廷の大型モニターに映し出されるミスがあった。

笛育地裁は「一瞬なので、一週間後に死亡することはないと思うが、今後注意したい」としている。

【関連記事】

『被害者写真、ミスで法廷の大型モニターに裁判員裁判』

【関連情報】

『リング(ホラー)』(Wikipedia


(古賀)


« 研究部門、50年の歴史に幕 英国防省 | トップページ | 8割が「必要ない」 内閣府調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46948268

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者映像、ミスで法廷の大型モニターに映し出される:

« 研究部門、50年の歴史に幕 英国防省 | トップページ | 8割が「必要ない」 内閣府調査 »