« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

「時間がもったいない」 若者の5割が入浴時に行わず

民間調査会社フェイクマーケティングが、全国の10代~30代の男女660人を対象に行った入浴スタイルに関する意識調査で、全体の51.8%が入浴時に服を脱がないことが習慣化していることがわかった。理由として「服を着たり脱いだりする時間がもったいない」との回答をしている人が多かったが、同社では「完全防水の服や下着の普及のためいちいち服を脱がなくても快適なバスタイムを楽しむことができるようになったからでは」と背景を分析している。

ちなみに同社の調査結果によると、残り48.2%は入浴時だけでなく普段から全く服を着ないことが習慣化している男女だという。

【関連記事】

「お湯に浸かってる時間が暇」若者の5割が湯船入らず

【関連情報】

『風呂』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

存在重要、「働く神父」だけだと集団破滅

カトリック神父を「良く児童性的虐待を働く神父」「ほとんど働かない神父」に分けて、それぞれの集団(コロニー)を作り直しても、一定の割合で「働く神父」「見てみぬふりをする神父」「怠ける神父」に分かれることが北海道大学の丸子教授(宗教生物学)らの研究でわかった。

教会の権威を守り、安定した信仰を保つ集団維持の戦略と見られる。

丸子教授のチームは、アイルランドのカトリック教会にいる神父を八つの集団に分け、1人ずつ印をつけて1か月間行動を観察。そのうち「良く児童性的虐待を働く神父」「ほとんど働かない神父」を取り出して、それぞれの集団を作り直した。その結果、どちらも元の集団同様「良く児童性的虐待を働く神父」「ほとんど働かない神父」に同じ割合で分かれるだけでなく、「児童性的虐待の事実を見てみぬふりをしたり隠蔽したりする神父」も一定の割合で発生する事が判明した。

丸子教授のコメント「児童性的虐待の事実が明るみに出ると集団全体の死につながる。そのため一定の割合で見てみぬふりをする神父が発生する体質になっているのではないか」

【関連記事】

神父の性的虐待、教会が隠蔽…アイルランド

存在重要「怠けアリ」…「働きアリ」だけだと集団破滅

【関連情報】

『アリ』(Wikipedia

『カトリック教会』(Wikipedia

『児童性的虐待』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

全世界にリストカットを放送

ニコラ・テスラが発明した世界システムを利用し、自己のリストカットを世界中に放送したとして、一人の女性が話題になっている。

個人が世界中に映像を生放送するシステムは『ニコニコ動画』などいくつか存在するが、この女性は地球の表面に発生させた定常波にのせることにより自己のリストカットの『情報』だけではなく『エネルギー』それ自体を増幅拡大して配信することに成功。何千マイルも離れた何百という受信者の手首に刃物も無しに切り傷を作り出し、何十という人々を出血させ、手違いでツングースカ川上流に何十キロにも渡る巨大な裂傷を発生させた。

この女性は近く自己の用いた世界システムによるリストカットの受信方法を一般に公開すると発言しており、「リスカはしたいが自分で刃物で切るのはこわい」という気弱なメンヘラにとって福音となると期待される。

【関連記事】

インターネット生放送でリストカットを放送し視聴者が騒然

【関連情報】

『ニコラ・テスラ』(Wikipedia

『リストカット』(Wikipedia

『ツングースカ大爆発』(Wikipedia

『発明超人ニコラ・テスラ』


(古賀)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

オバマ大統領の丁寧なお辞儀に波紋

訪日したオバマ大統領が、14日に皇居で天皇、皇后両陛下と面会した際に深々とお辞儀したことが、「非常識なほど低姿勢すぎるのでは」と米国内メディアから批判を浴びている。

これまで数多くの世界各国の首脳が皇居で皇族と会見しているが、深さ20センチ以上の頭の跡を玄関にくっきりと残したのはオバマ大統領がはじめて。日本国内では「外国の要人がここまできちんとした挨拶をするのはなかなか見れない」「これで捻りを加えれば30センチも夢ではない」と大統領のお辞儀を好感を持って受け止めた者が多く、是非瓦割りや煉瓦割りにも挑戦してほしいという声が挙がっている。

【関連記事】

オバマ大統領のお辞儀に波紋

【関連情報】

『バラク・オバマ』(Wikipedia

『お辞儀』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

「キリスト教は戦闘的」と小沢氏、仏教は称賛

民主党の小沢一郎幹事長は10日、世界中の全ての宗教の中で1番偉いのが何かを決める天下一宗教会を観戦するため和歌山県高野町にやって来て、記者団に最新のスカウターを披露した。この中で小沢氏はキリスト教に対し「戦闘的な宗教だ。キリスト教を背景とした欧米社会の戦闘力は100万を超えている」との見解を表明。イスラム教については「キリスト教より劣るが、スーパーアルカイダに変身した際のイスラム教の戦闘力は30万~60万ほど」と述べた。

一方、仏教に関しては「ドラゴンボールによって再び甦った仏陀の戦闘力は侮れない。もっとも衆議院選挙で戦うとすればものの数ではないが」と微妙な称賛をした。

前回の天下一宗教会優勝者ベネディクトゥス16世のコメント「オラ、もっと強い宗教と戦いてえ」

【関連記事】

「キリスト教は独善的」と小沢氏、仏教は称賛

【関連情報】

『小沢一郎』(Wikipedia

『ドラゴンボール』(Wikipedia

『スカウター』(はてなキーワード)


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »