« 親殺し犯罪にモンスターペアレント | トップページ | 日本人に平和賞 »

2009年10月10日 (土)

ノーベル平和賞にオバマ米大統領

ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、09年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領(48)に授与すると発表した。就任後まもなくチェコ・プラハの演説で核爆弾、ミサイル、ダイナマイトなどの大量殺傷兵器の発明者の道義的責任にふれ、「爆弾なき世界」を目指す考えを表明したのが評価されたもの。

オバマ氏は同日、ホワイトハウスで「今回の授賞には強く勇気づけられた思い。呪われた忌まわしい悪魔の兵器ダイナマイトの発明者こそ全ての悪と災いの元凶。彼に由来するもの全てを地球上から根絶やしにしなければ人類に未来はない。今こそ変革の時だ」と現在の心境を語った。

【関連記事】

『ノーベル平和賞にオバマ米大統領 「核なき世界」主導』

【関連情報】

『バラク・オバマ』(Wikipedia

『ノーベル平和賞』(Wikipedia

『アルフレッド・ノーベル』(Wikipedia

『ダイナマイト』(Wikipedia


(古賀)


« 親殺し犯罪にモンスターペアレント | トップページ | 日本人に平和賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46450516

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞にオバマ米大統領:

« 親殺し犯罪にモンスターペアレント | トップページ | 日本人に平和賞 »