« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月23日 (金)

「月や火星には金ない」 米・専門委が報告書

米国の有人宇宙計画を経済的側面から見直している専門家委員会は22日、米航空宇宙局(NASA)が進めている月と火星の探査計画を「金にならない」という理由で撤回し、新たにウィリアム・キッドが世界のどこかに隠した財宝の在処を目指すよう勧める最終報告書を発表した。

報告書は、財政難の中で現行計画は「維持が困難」と指摘、月や火星に到達する代わりに、まず宝のありかをガイコツマークで記した地図を手に入れて、より少ない予算で腕に錨のマークの入墨をした命知らずの荒くれ男どもを雇い、肩にオウムをのせた1本足の男の助けを借りて宝島を目指すという功利主義的な選択肢をあげた。今後、スチーブンソンの『宝島』よりもアーサー・ランサムの『ツバメ号とアマゾン号』シリーズの方が好きだったオバマ大統領が報告書を基に最終的な決断を下す。

【関連記事】

「月や火星探査の金ない」米・専門委が報告書

【関連情報】

『宝島』(Wikipedia

『ウィリアム・キッド』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

ウルトラマンキングで声優

ウルトラマンキング(300000)さんが、今度M78星雲光の国で製作される地球を舞台にした映画「郵政民営化バトル ウルトラ自民党伝説」(監督ウルトラマンヒカリ、12月2日公開)に、小泉元首相役で声優デビューすることが12日、分かった。

ウルトラマンキングさんは当初「ジャッカル大魔王を退治するのにいそがしい」という理由で断る予定だったが、昔地球で一緒に仕事をしたことのあるウルトラマンレオさんの勧めで出演を決めた。製作の光の国プロダクションでは「小泉元首相の人間的重みを表現できるのは、宇宙広しといえどもウルトラマンキングしかいないと判断し打診した」と話した。

光の国では「伝説の超人ウルトラマンキングが声優をするとは、小泉純一郎とは一体何者なのか。きっと手からは100万度の光線を出し、空はマッハ30で飛び、凶悪な野党政治家を次々と退治し、3分間で日本の政治を完全に塗り替えてしまうようなものすごい男に違いない」と小泉元首相の噂で持ちきりで、大勢のウルトラ戦士が映画の公開を心待ちにしているという。

【関連記事】

小泉元首相がウルトラマンキングで声優

【関連情報】

『ウルトラマンキング』(Wikipedia

『小泉純一郎』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

日本人に平和賞

ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が1日、ボストン近郊のハーバード大であった。信者から集めた金を惜しみなく使って核保有国から核ミサイルを買い取ることにより世界中から核を減らし、その一方で日本は他国がいつ攻めてきても核による報復が可能な防衛力を手に入れる一石二鳥の研究で、創価学会の池田大作名誉会長と共同研究者の幸福の科学の大川隆法総裁が平和賞を受賞した。

授賞式に出席した両者は「オバマ大統領とともに平和賞を授賞することができてこんなにうれしいことはない」とユーモアたっぷりにあいさつをしたが、式の途中で「なに?偽物」「そんな話だとは聞いていない」「本物の賞をよこせ」と腹を立てて大暴れして警備員につまみ出される愉快なハプニングを引きおこし、どう見ても本気でやっているとしか思えない楽しい演出に観客は大喜びで笑い転げた。

【関連記事】

『パンダのふんで生ごみ分解 日本人にイグ・ノーベル賞』

【関連情報】

『イグノーベル賞』(Wikipedia

『池田大作』(Wikipedia

『大川隆法』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

ノーベル平和賞にオバマ米大統領

ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、09年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領(48)に授与すると発表した。就任後まもなくチェコ・プラハの演説で核爆弾、ミサイル、ダイナマイトなどの大量殺傷兵器の発明者の道義的責任にふれ、「爆弾なき世界」を目指す考えを表明したのが評価されたもの。

オバマ氏は同日、ホワイトハウスで「今回の授賞には強く勇気づけられた思い。呪われた忌まわしい悪魔の兵器ダイナマイトの発明者こそ全ての悪と災いの元凶。彼に由来するもの全てを地球上から根絶やしにしなければ人類に未来はない。今こそ変革の時だ」と現在の心境を語った。

【関連記事】

『ノーベル平和賞にオバマ米大統領 「核なき世界」主導』

【関連情報】

『バラク・オバマ』(Wikipedia

『ノーベル平和賞』(Wikipedia

『アルフレッド・ノーベル』(Wikipedia

『ダイナマイト』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »