« ミクシィに仕事の愚痴 信用失墜で訓戒処分 | トップページ | コナミのエンドレスな新作ゲームが大人気 »

2009年9月 5日 (土)

国立美術館の「月の石」、実はただの木だったことが判明

アポロ11号が持ち帰ったとされていた、オランダ・アムステルダム国立美術館の所蔵する「月の石」が、実は江戸時代初期に活躍した日本人の彫刻職人である左甚五郎の彫った木彫りの月の石だったことが分かった。

この月の石は、アポロ11号が人類初の月面着陸から帰還した年に、乗組員から美術館に贈られたものとされていたが、月から帰還してまだ間がないのにNASAが月の石を手放すのは考えにくいとの指摘があったことから、贋作に造詣の深い評論家の藤田玲司さんに調査を依頼した結果、左甚五郎が『月石屋』という旅籠の主人の苦境を見かねて彫り上げた贋の月の石であることが明らかになったという。

オランダ・アムステルダム国立美術館長のコメント「月の石が毎晩美術館を抜け出して水を飲みに行くから前から少しおかしいとは思っていた。調査してもらった藤田玲司氏によれば、この月の石が本当に左甚五郎の作品であるならば50万ユーロ(約6680万円)以上で好事家に売れるという話だから、偽物だからといって必ずしも価値がないとは言えない。むしろ本物の月の石より歴史的価値があると言えるのではないか」

【関連記事】

国立美術館の「月の石」、実はただの木の化石だったことが判明…オランダ

【関連情報】

『月の石』(Wikipedia

『ギャラリーフェイク』(Wikipedia

『左甚五郎』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『鼠』

『左甚五郎の馬の絵馬・船井神社』


(古賀)


« ミクシィに仕事の愚痴 信用失墜で訓戒処分 | トップページ | コナミのエンドレスな新作ゲームが大人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46124911

この記事へのトラックバック一覧です: 国立美術館の「月の石」、実はただの木だったことが判明:

« ミクシィに仕事の愚痴 信用失墜で訓戒処分 | トップページ | コナミのエンドレスな新作ゲームが大人気 »