« 「治療しようとするな」 心理学協会が精神療法士らに苦言 | トップページ | NASAが警告 マナーを守らない悪質な侵略に注意 »

2009年8月19日 (水)

ドッペルゲンガーの謎解明 実はアンチ

練馬産業大学の唐沢俊一教授が、自分と生き写しの人物を目撃するとすぐに死んでしまうといわれる不思議な現象『ドッペルゲンガー』は、実は「反宇宙から来た反自分と出会ったため」であり超常現象でも何でもない普通の現象であることを実験により明らかにした。

唐沢教授はここでは詳細は明らかにできないが反宇宙の反自分と交信するためにいろいろと手をつくし、ついには約20万人の人間の集まる東京国際展示場で反自分と会見することに成功したという。

話を聞いて現場に駆けつけた笛育新聞社の取材を受けた教授は「私の出会った反自分(アンチセルフ)は自分より多少若く見えたが、これはこの宇宙と反宇宙の時間の流れが違うからだろう。反自分(アンチセルフ)は我々の体を構成する物質と電子と陽子の電荷が逆の反物質でできているためうかつに手で触れると対消滅を起こして双方とも吹き飛んでしまう可能性が高い。「コレハコレハ」と言いながら直接的な接触をできるだけ避けるのが安全にドッペルゲンガーと交流する方法だと思う」など反自分(アンチセルフ)とのコンタクトについていろいろと興味深い話を語ってくれた。ただ反自分(アンチセルフ)から渡されたという不思議な書物にちゃんと目を通したかどうかについてはついに語らずじまいだった。

ドッペルゲンガーに詳しい作家の芥川龍之介先生のコメント「そういえば本物の自分とドッペルゲンガーでは善悪が逆転する、つまり本物の自分が悪であるならドッペルゲンガーはその悪を糾弾する善になるとどこかで聞いたことがある。その点も唐沢先生はきちんと解明されたのだろうか」

【関連記事】

「コミックマーケット76」レポート(前篇)。』(唐沢俊一検証blog

【関連情報】

『唐沢俊一』(Wikipedia

『ドッペルゲンガー』(Wikipedia

『反物質』(Wikipedia


(古賀)


« 「治療しようとするな」 心理学協会が精神療法士らに苦言 | トップページ | NASAが警告 マナーを守らない悪質な侵略に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45974465

この記事へのトラックバック一覧です: ドッペルゲンガーの謎解明 実はアンチ:

« 「治療しようとするな」 心理学協会が精神療法士らに苦言 | トップページ | NASAが警告 マナーを守らない悪質な侵略に注意 »