« 殺人未遂の裁判員裁判被告 正装で出廷 | トップページ | 16年ぶり非自民政権誕生か »

2009年8月29日 (土)

血液で判断 たんぱく質データ判定

トランシルバニア大大学院特殊血液学研究科のヴラド・ツェペシュ教授(577)=吸血ウイルス学=が笛育市立大と共同で、処女非処女の違いを判定できる血液中の分子『バージン・エレメント』を発見、血液検査に基づく判定法を確立した。

処女判定物質『バージン・エレメント』の特定により、地道なフィールドワークが主流だった吸血ウイルス感染適格者の判別で、客観的な数値指標を診断に取り入れることが可能になった。教授によれば被験者の首筋から採集した血液に含まれる『バージン・エレメント』の血中濃度データを測定すれば、処女非処女の違いだけでなく心身の健康度、過去の経歴、魂の状態まで詳細にわかるという。「非処女の血を口にするだけでみるみる体力がなくなる」というような虚弱体質の吸血ウイルス感染者にとって朗報となることは疑いない。

ヴラド・ツェペシュ教授は30日、脳内百合物質の権威として知られるマーカラ教授とともに来日し、31日午後笛育市立大学で開かれる未婚の女性研究者だけで構成される日本未婚女性血液学会で研究成果を発表する予定。未婚の知的な女性の見学も歓迎するとのこと。

【関連記事】

精神疾患:血液で判断 たんぱく質データ判定 大阪市大院

精神疾患の診断に活用できる血液成分を発見斉藤勝司のサイエンス・ウォッチ

【関連情報】

『ドラキュラ』(Wikipedia

『カーミラ』(Wikipedia

『百合』(Wikipedia

ブラッド・フォー・ドラキュラ/処女の生血(70)(サルバドールの映画漬け???)


(古賀)


« 殺人未遂の裁判員裁判被告 正装で出廷 | トップページ | 16年ぶり非自民政権誕生か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46063568

この記事へのトラックバック一覧です: 血液で判断 たんぱく質データ判定:

» 朋ちゃん結婚か!?同姓発覚!!【画像&映像あり】 [朋ちゃん結婚か!?同姓発覚!!【画像&映像あり】]
華原朋美ついに結婚??眠剤中毒克服?? 過去映像&画像!!! [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 22時04分

« 殺人未遂の裁判員裁判被告 正装で出廷 | トップページ | 16年ぶり非自民政権誕生か »