« 呼び出し状に「行かない」25.9% | トップページ | 「愛の交換日記」という嘘ニュース、あたかも事実のようにネットを伝わる »

2009年7月26日 (日)

「風呂敷を広げる」ロボット誕生

笛育市立工業大学の山田恣教授が風呂敷を広げるロボット開発に成功した。

8本のアームと回転台座と陽電子頭脳を駆使することで、結ばれた風呂敷の端をアームがつまんだりひねったりしながら「あと1年のうちに我々ロボットが地球を支配し人類はすべて奴隷になるのだピピピ」などできもしないことを自慢気に大音声で語ることを可能にした。陽電子頭脳の記憶ユニットを拡張しさえすれば「あと1ヶ月のうちに銀河の帝王」などさらなる大風呂敷を広げることも可能だという。

風呂敷を広げる作業は試行錯誤を繰り返し、アームだけに頼るではなく、スピーカーとボーカロイドを用いる「明後日の発想」で、技術的な困難を克服した。

山田恣教授のコメント「このロボットは精巧にできているから操縦者が風呂敷を広げるとロボットも風呂敷を広げる。あと1週間のうちに宇宙最高の発明家の栄誉は私のものだ」

【関連記事】

微妙な技「風呂敷を結ぶ」ロボット誕生

【関連情報】

『風呂敷』(Wikipedia


(古賀)


« 呼び出し状に「行かない」25.9% | トップページ | 「愛の交換日記」という嘘ニュース、あたかも事実のようにネットを伝わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45747979

この記事へのトラックバック一覧です: 「風呂敷を広げる」ロボット誕生:

« 呼び出し状に「行かない」25.9% | トップページ | 「愛の交換日記」という嘘ニュース、あたかも事実のようにネットを伝わる »