« 六甲ライナーで金具が踊り出す怪現象 | トップページ | 「DNAが関係」 鳩山前総務相が問題発言 »

2009年7月12日 (日)

児童ポルノ禁止法:単純な所持を禁止 与党と民主が合意

18歳未満を写した性的な画像を所持することへの規制を強化する児童買春・児童ポルノ禁止法改正案について、自民・公明両党と民主党は修正協議で、焦点となっていた「単純所持」を禁じることで合意した。

但し多数の因子が関係しているため所持しているのか所持していないのか科学的に判断するのが極めて困難な「複雑系所持」や、初期の誤差によって所持者の振る舞いが大きく変わり児童ポルノだったはずがいつのまにか老人ポルノになっていたりする「カオス所持」、性的画像の部分と全体が自己相似になっているためどこまでがポルノなのかわからない「フラクタル所持」、故意の所持と気がつかずに所持しているのと2つの状態が量子論的に重なり合っており警察が捕まえることによりはじめて1つの状態に収束する「シュレディンガー所持」などの「単純所持」とははっきりと言い切れない極めて難解な所持については、規制すべきかどうかについて意見が分かれ、与党側と野党側ではっきりした合意は得られなかった。

【関連記事】

児童ポルノ禁止法:「単純所持」も禁止 改正案、与党と民主が合意

【関連情報】

『複雑系』(Wikipedia

『カオス理論』(Wikipedia

『フラクタル』(Wikipedia

『シュレーディンガーの猫』(Wikipedia


(古賀)


« 六甲ライナーで金具が踊り出す怪現象 | トップページ | 「DNAが関係」 鳩山前総務相が問題発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45615572

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノ禁止法:単純な所持を禁止 与党と民主が合意:

« 六甲ライナーで金具が踊り出す怪現象 | トップページ | 「DNAが関係」 鳩山前総務相が問題発言 »