« 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 | トップページ | 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! »

2009年6月 1日 (月)

裁判員はいらない!反対グループが声明

裁判員制度に反対する古代陪審員らでつくるグループ「裁判員はいらない!大運動」は5月31日、御殿山の科学センターで記者会見し「今こそ奢れる裁判員どもを滅ぼしてわれわれ陪審員が地上を支配するときだ」との声明を発表した。

古代陪審員はかっては日本の刑事裁判を部分的に支配したといわれる謎の種族で、1943年に絶滅したと言われていたが実は最高裁判所の地下4万メートルにある陪審法廷に生息しており、再び地上にあらわれて刑事裁判を部分的に我がものにする機会を虎視眈々と狙っていた。

同グループは記者会見が終わった後、法務省や東京地裁などがある霞が関の官庁街を地底から呼び出した怪獣とともにデモ行進してまわり、自分たちの力をアピールした。

【関連記事】

裁判員制度はいらない!反対グループが声明

【関連情報】

『陪審制』(Wikipedia

『裁判員制度』(Wikipedia


(古賀)


« 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 | トップページ | 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45207584

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員はいらない!反対グループが声明:

« 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 | トップページ | 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! »