« 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球氷河期化防止のために黒く塗るべき」 »

2009年6月 3日 (水)

日本野鳥の会がドードー鳥を発見

日本野鳥の会が絶滅したといわれる生きたドードー鳥を発見しちょっとした話題になっている。

事の起こりは日本野鳥の会第5代会長の柳生博さんのところに今年の4月1日に送られてきた「バードウォッチャーの会に鳥が入っているのを知っていますか?」と書かれた無記名の投書。不審に思った柳生さんがひそかに調査してみたところ、インターネットの絶滅鳥類検証ブログでウォッチの対象になっていたドードー鳥が古参会員の1人であることが判明した。

柳生さんは「なぜ入会の時に気がつかなかったのか」とショックを受けているという。

ドードー鳥(モーリシャスドードー)はポルトガル人が棍棒を持って近づくと首をつき出して愛想良く出迎えにいく習性で知られる人なつこい鳥で、1681年の目撃を最後に完全に絶滅したと思われていた。生きたドードー鳥が人間に化けてこっそり野鳥の会に入会していた例は、まだドードー鳥が大量に生息していた16世紀にもなく非常に珍しいケースである。

日本野鳥の会では「鳥がバードウォッチの会に入るなんてとんでもない。脱会させるべきだ」という意見と「鳥が入会してはいけないという会則はない」という意見とに真っ二つに割れて大揉めに揉めているかというと特にそんなことはなく、絶滅したはずの珍しい鳥が間近で見れて喜んでいる会員が大半だという。

【関連記事】

「なんじが久しく深淵を見入るとき、深淵もまたなんじを見入るのである」(唐沢俊一検証blog

『機動戦士ガンダム オリジン 画集 』の解説について。』(唐沢俊一検証blog

いいんだね?やっちゃって。』(唐沢俊一検証blog

とにかくあたしのせいじゃない。』(唐沢俊一検証blog

【関連情報】

『日本野鳥の会』(Wikipedia

『野鳥観察』(Wikipedia

『ドードー』(Wikipedia

『と学会』(Wikipedia


(古賀)


« 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球氷河期化防止のために黒く塗るべき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45224651

この記事へのトラックバック一覧です: 日本野鳥の会がドードー鳥を発見:

« 最終警告!太陽が地球の大気を奪っていた! | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球氷河期化防止のために黒く塗るべき」 »