« 禁止法改正案 「単純所持」巡り対立 | トップページ | ロスアラモス研究所、精子の質改善、妊娠の可能性高める »

2009年6月30日 (火)

「傷口早く治る」メカニズム解明

体に傷ができた時に、傷口に向かって「痛いの、痛いの、とんでいけ」と言うと、人間の意識内に存在する「痛み」の質感(クオリア)が第一宇宙速度以上で射出されることにより痛みを止め傷口を治りやすくすることが、笛育市立大学の伊丹十三教授の研究でわかった。

従来から「痛いの、痛いの、とんでいけ」という呪文に痛みを軽減させる作用があるらしいことは知られていた。伊丹教授は実験体に選ばれた患者を2つのグループに分け、Aのグループでは頑強な男性が実験体の傷口に塩をすりこんだり煮えたぎる油を注いだりし、Bのグループでは妙齢の女性が優しい声で「痛いの、痛いの、とんでいけ」と実験体にささやいたり耳元に息を吹きかけたりした。そうすると不思議なことに「痛みがおさまった」「傷が早くなおった」「結婚してください」などの喜びの声が続出したのはBのグループだけだったことから、「痛いの、痛いの、とんでいけ」という呪文に痛みを抑え傷の治りを早める働きがあることが科学的に明らかになった。

さらに伊丹教授は「痛み」が飛んでいく速度がもし第一宇宙速度未満なら最終的に痛みは地面に墜落して地面に跡が残るはずだが、そのような目撃事例が1つたりとも無いことから「痛み」の飛行速度は第一宇宙速度以上と推論。研究結果を論文にまとめ日本のクオリティペーパーとして名高い『痛いニュース』に29日発表した。

【関連記事】

「傷口につば→早く治る」メカニズムの一端解明…松本歯大

【関連情報】

『痛み』(Wikipedia

『クオリア』(Wikipedia

『宇宙速度』(Wikipedia


(古賀)


« 禁止法改正案 「単純所持」巡り対立 | トップページ | ロスアラモス研究所、精子の質改善、妊娠の可能性高める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45499589

この記事へのトラックバック一覧です: 「傷口早く治る」メカニズム解明:

« 禁止法改正案 「単純所持」巡り対立 | トップページ | ロスアラモス研究所、精子の質改善、妊娠の可能性高める »