« 最も重い要因に「ギダハラ」追加 心の病の労災判定 | トップページ | ひよこが「大きな数を数える」簡単な算数能力示す »

2009年5月21日 (木)

「傍聴自粛」 神戸地裁が異例措置

新型インフルエンザの感染拡大を受け、神戸地裁は、19日午前、各法廷の扉などに「新型インフルエンザウイルスの方は御理解と御協力をお願いします」と記した数百nmほどの大きさの紙を掲示。新型インフルエンザウイルスに対し「傍聴を自粛してください」と求めた。

裁判所が言語の壁を越えてウイルスに対し協力を依頼したのは今回がはじめて。

【関連記事】

「感染疑いは傍聴自粛を」 神戸地裁が異例措置

【関連情報】

『ウイルス』(Wikipedia

『インフルエンザウイルス』(Wikipedia


(古賀)


« 最も重い要因に「ギダハラ」追加 心の病の労災判定 | トップページ | ひよこが「大きな数を数える」簡単な算数能力示す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45087580

この記事へのトラックバック一覧です: 「傍聴自粛」 神戸地裁が異例措置:

« 最も重い要因に「ギダハラ」追加 心の病の労災判定 | トップページ | ひよこが「大きな数を数える」簡単な算数能力示す »