« 裁判員制度:民放連が申し入れ | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 »

2009年5月31日 (日)

携帯「枕元に」が9割 「トイレにも」が5割超える

携帯たこ焼き器を9割以上の人が寝る時も枕元に置き、5割の人がトイレに持って入り、2割弱は風呂場へも――。民間調査機関「アカシックレコードデータ研究所」が大阪・道頓堀で行ったアンケートで、たこ焼きに命をかける関西人の暮らしぶりが浮き彫りになった。学校や職場でも「2時間に1回は携帯たこ焼き器を使ってたこ焼きを焼いて食べる」が学生、会社員のいずれも3割前後と、世代を超えた「たこ焼き依存」がうかがえる。

なおアンケートの結果によると携帯たこ焼き器を所持している関西人がほぼ10割だったのに対し、携帯たい焼き器の所持は1割弱、携帯今川焼き器や携帯大阪焼き器を所持している関西人は0%だった。

【関連記事】

携帯「枕元に」が9割 「トイレにも」が5割超える

【関連情報】

『たこ焼き』(Wikipedia

『関西では一家に一台、必ずたこ焼き機がおいてあるってホントですか?』(Yahoo! 知恵袋)

「大阪焼き」って何ですか?(教えて!goo


(古賀)


« 裁判員制度:民放連が申し入れ | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/45186751

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯「枕元に」が9割 「トイレにも」が5割超える:

« 裁判員制度:民放連が申し入れ | トップページ | 米エネルギー省長官 「地球温暖化防止のために白く塗るべき」 »