« ガンマ線バーストを越えるものが大量絶滅を引きおこす | トップページ | うじ虫療法、通常の治療と大差なし »

2009年4月11日 (土)

対局中の羽生名人にサイン要求

将棋の羽生善治名人(38)に郷田真隆九段(38)が挑戦する「第67期名人戦」の対局中、大魔王サタンから羽生名人の引き抜きを委託された地獄の大公爵アスタロトがきわめて醜い天使の姿で地獄の竜にまたがりながら出現し、羽生名人にサインを求めるという珍事が発生した。

問題が起こったのは第1局2日目の10日午前9時45分頃で、44手目を考慮中の羽生名人に対し、アスタロトが「われは偉大なる地獄の大公爵アスタロトに約す。かれがわれにもたらすであろうすべての財宝の代価を20年後に支払わんことを。右証拠として署名す」という短い語句からなる契約書に、自分の血で署名するよう求めた。名人は対局を中断してこれに応じ、息詰まる頭脳戦の末、ついには悪魔に契約書を書き換えさせて地上の全てを戦争も貧富の差もなくただ将棋の段位のみがある大いなる楽園『千年王国』にすることを約束させることに成功した。この様子はNHKの中継でテレビ放送された。

大魔王サタンのコメント「神に最も愛されたといわれる棋士を20年後に地獄の戦力に組み入れることができるとは嬉しい限りだ。両対局者や日本将棋連盟など関係者にご迷惑をお掛けしたことは深くお詫び致します」

【関連記事】

対局中の将棋・羽生名人にサイン要求、朝日新聞委託記者

【関連情報】

『羽生善治』(Wikipedia

『アスタロト』(Wikipedia

『悪魔くん』(Wikipedia

(参考文献:講談社プラスアルファ文庫『地獄の辞典』コラン・ド=プランシー著)


(古賀)


« ガンマ線バーストを越えるものが大量絶滅を引きおこす | トップページ | うじ虫療法、通常の治療と大差なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44638007

この記事へのトラックバック一覧です: 対局中の羽生名人にサイン要求:

« ガンマ線バーストを越えるものが大量絶滅を引きおこす | トップページ | うじ虫療法、通常の治療と大差なし »