« 脳から直接送信可能な装置開発 | トップページ | スペインで豚インフル感染者確認 »

2009年4月26日 (日)

クレオパトラの鼻、ついに発見か?

「1センチ低ければ世界の歴史が変わる」という言い伝えのある古代エジプトの女王クレオパトラの鼻の埋葬地らしき遺跡が見つかり、「時間旅行によらない歴史改変は可能か?」という物理学における長年の謎が、ようやく解かれようとしている。

エジプト最高考古庁のエジ・プタス事務局長が19日に発表したところによると、クレオパトラの鼻はクレオパトラとアントニウスが埋葬されているナイ・ルナ・トトメス神殿にある遺跡にクレオパトラの顔にくっついて一緒に埋葬されている可能性が高いという。

笛育市立大学虚偽考古学部の探検家である川口彦一さんによれば、クレオパトラの鼻を天狗の羽団扇であおいで高くしたり低くしたりするだけで、織田信長が本能寺の変で死ななかったことにしたり第二次世界大戦で日本が負けなかったことにしたり歴史を思い通りに改変することができるのではないかということだ。

フランスの思想家ブレーズ・パスカルさんのコメント「人の例え話をきちんと理解しろよ、お前ら」

【関連記事】

クレオパトラの墓、ついに発見か?

【関連情報】

『クレオパトラ7世』(Wikipedia

『ブレーズ・パスカル』(Wikipedia

『歴史改変SF』(Wikipedia

『天狗のうちわとだあそうか』(愛郷 --- 上信高原民話集)


(古賀)


« 脳から直接送信可能な装置開発 | トップページ | スペインで豚インフル感染者確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44803202

この記事へのトラックバック一覧です: クレオパトラの鼻、ついに発見か?:

« 脳から直接送信可能な装置開発 | トップページ | スペインで豚インフル感染者確認 »