« 裁判官、被告に対して「バカ」と言わず | トップページ | 「無断でどんぶり飯食べた」と女性告訴 »

2009年4月17日 (金)

逆転無罪 電車内痴漢に初の判断

東京・小田急線の満員電車内で、手足に手錠と足錠と100キロの鉄のおもりをつけられ全身をスーパーアラミド繊維製のロープと鋼鉄のチェーンで厳重に拘束された後ダイナマイトにもびくともしない頑丈な超合金の箱の中に閉じこめられながら女子高生に痴漢をしたとして、強制わいせつ罪に問われた被告の入遊如恩(いりゅうじょおん)・奇術師(48)の上告審判決で、最高裁第三小法廷は14日、「どんな方法かは不明だが箱に入ったと見せかけて助手とひそかに入れ替わり痴漢行為を行った」という一、二審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

電車内痴漢事件で最高裁が一流の奇術師に逆転無罪を言い渡したのは今回が初めて。

【関連記事】

防衛医大教授に逆転無罪 電車内痴漢、慎重な判断必要 最高裁

【関連情報】

『ハリー・フーディーニ』(Wikipedia

『引田天功(初代)』(Wikipedia


(古賀)


« 裁判官、被告に対して「バカ」と言わず | トップページ | 「無断でどんぶり飯食べた」と女性告訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44702635

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転無罪 電車内痴漢に初の判断:

« 裁判官、被告に対して「バカ」と言わず | トップページ | 「無断でどんぶり飯食べた」と女性告訴 »