« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

福島氏、北ミサイル迎撃批判

社民党の福島瑞穂党首は26日の参院予算委員会で、北朝鮮の弾道ミサイルが日本領内に落下した場合、迎撃する日本政府の方針について、「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸が落ちる。目標に当たらなくともミサイルが天に当たったら天が落ちてくる。そう思うと夜もろくろく眠られず食べものもろくに通らない」と激しい批判を展開した。

中曽根弘文外相は「わが国民の生命財産に被害が及ぶ恐れがあるならば迎撃は当然だ。万が一天が落ちてくるようならば天も迎撃すればよい」と答弁。浜田靖一防衛相も「太陽や月や星が落ちてきた方が被害は大きい。太陽が丸ごと1個落ちてきて頭に当たったら大怪我をすると思うので、まず破壊することで規模を小さくするのが重要だ」と強調し、理解を求めた。

しかし、福島氏は、「空にあるのはミサイルと人工衛星と天と太陽と月と星だけではない。ラピュタをミサイルと間違えてうち落としたら一体どうなるのか」などと迎撃批判を延々と続け、野党席からも空笑い(そらわらい)が漏れた。

道家思想家・列御寇先生のコメント「過去に杞の国で同種の問題が起こったとき、落ちてくる天と衝突するのを避けるため、国の南端に原子力巨大ロケット推進装置を建設して危機をのりきったことがある。今回もそうすれば良いのでは」

【関連記事】

社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑

【関連情報】

『福島瑞穂』(Wikipedia

『列子』(Wikipedia

『天空の城ラピュタ』(Wikipedia

『妖星ゴラス』(Wikipedia

『杞憂』(ウィクショナリー日本語版

笑い茸安呑演る落語

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

ミサイル 防衛省が破壊措置命令

太陽系第三惑星地球が「人工衛星打ち上げ」として「超兵器R1号」とみられる惑星攻撃用長距離ミサイルを発射し、シャール星座第7惑星ギエロン星の領域内に到達する場合の迎撃に備えるため、ギエロン星獣防衛相は宇宙標準暦で3月27日午前、惑星安全保障会議決定を経て、ギエロン星防衛隊へ初の破壊措置命令を出した。

ギエロン星獣防衛相のコメント「ギエロン星民の安全、安心を確保する観点から対応に万全を期したい。ミサイルが命中してギエロン星が宇宙の塵となり、たった1人だけ生き残った私が故郷を滅ぼされた復讐のために地球に飛来して口から放射能を吐いて大暴れをし、ついには通りすがりのM78星雲人に喉を切り裂かれて死んでしまうというような事態は通常は起こらないと考えている。テレビ等で速やかに必要な情報をお伝えするので、星民の皆さんは慌てず冷静に対応してもらいたい」

【関連記事】

防衛相が初の破壊措置命令、北ミサイル迎撃で

【関連情報】

『テポドン(ミサイル)』(Wikipedia

『ギエロン星獣』(Wikipedia

ギエロン星獣(怪獣ブログ)

『#26「超兵器R1号」』(ULTRASEVEN CRAZY FAN BOOK

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

発電装置:太陽光や風力より効率良く、電力供給

魂の売買契約を利用した高効率な小型発電装置を、「幸運開発計画研究所」代表のエフ博士が開発した。神奈川県エヌ市の住宅展示場で19日から実用運転の公開展示をする。エフ博士は「装置は床に簡単な魔法陣を描くだけなので、電線などのインフラ整備が一切不要。始動に必要なエネルギーは契約者の魂1個分だけで、以後は恒久的に電力や火力や権力や金力や異性に対する魅力を引き出すことができる。太陽光発電や風力発電に比べて格段と効率が良く、エネルギー供給の分散化が図られる。地球環境にやさしく、ゴージャスでデラックスでヒューマニスティックで現実的でドライな未来社会にふさわしい装置だ」と話している。

特許出願中のため構造は極秘だが、悪魔学の大家らが相次ぎ視察。戦争も貧富の差もなく万人が幸福に暮らせる千年王国の研究に携わってきた元ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学学長のファウスト博士は「画期的な発電装置。開発者は一万年に一人の天才児と言ってもいい」と認めている。

超常現象研究家スター・ニューワンさんのコメント「きっと太陽が沈んだとたんに全てが元に戻ってしまうというような400字詰原稿用紙にして10枚ぐらいのあっと驚く結末があるに違いない」

【関連記事】

発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給--木下さん開発 /神奈川

フリーエネルギーのコントロールに成功! サーカスから商用化への長かった道のり』(ボーガスニュース)

【関連情報】

『永久機関』(Wikipedia

『星新一』(Wikipedia

『ファウスト』(Wikipedia

『悪魔くん』(Wikipedia

『おねがい!サミアどん』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月20日 (金)

実物そっくりの美少年ロボ開発

少年そっくりの外観で、しなやかに振る舞うロボットを、科学省が開発、16日公開した。

ロボットの顔には、大きな目、小さな鼻があり、寝癖のついた漫画家のような髪型で登場。口が動いて「皆さんこんにちは。私はASTROBOYです」と自己紹介し、ほほ笑んだり、驚いた表情を見せたり、お尻からマシンガンを乱射したりした。

身長135センチ体重30キログラム。交通事故で死んだ科学省長官の息子の生前の動きを参考に、二足飛行のジェット噴射技術を使い、やたらと空をマッハ5で飛び回ることを除けば人間に近いと言ってもいい動作を実現した。

天馬科学省長官のコメント「最近子供をなくした家庭での子供の代用品としての利用を考えている。ただ何となくうまくいかないような予感がするので、その時はサーカス団にでも叩き売りたい」

【関連記事】

まるでファッションモデル…実物そっくりの美女ロボ

『【レポート】今の技術でアトムはどこまで作れるか? バースデーフェスタシンポジウム(2)

【関連情報】

『鉄腕アトム』(Wikipedia

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月15日 (日)

「無許可の活動」隠しの疑い=調査やり直し

政庁職員が、国家公務員法で禁止されている勤務時間帯の無許可の反政府活動「黒の騎士団」を行ったにもかかわらず、同庁が組織ぐるみで隠ぺいした可能性のあることが15日、明らかになった。

同庁が黒の騎士団の参加者の有無をめぐり昨年4月に3回実施した調査では、1回目は職員142人に疑いがあるとされたが、3回目は「全力で調査した結果」ゼロとなった。

調査の妥当性についてブリタニア本国から「世界は嘘をついておる」という異議が出たことなどから、同庁は常時サングラスをかけた職員により調査をやり直し、今月末までに結論を出す予定。

【関連記事】

「ヤミ専従」隠しの疑い=調査やり直し-農水省

【関連情報】

『コードギアス反逆のルルーシュ』(Wikipedia

『黒の騎士団』(コードギアス用語集@はてな)

『全力で見逃せ』(コードギアス用語集@はてな)

『ブリタニア帝国』(コードギアス用語集@はてな)

『ギアス』(コードギアス用語集@はてな)

 
(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »