« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月20日 (土)

ノーベル賞科学者が差別発言 「有色人は劣る」

物質の属性に変化を起こすことなく、屈折率だけを空気と同じにすることができる方法を発見し、ノーベル物理学賞を受賞したハーバート・ジョージ・ウェルズ研究所長のグリッフィン博士が「有色人は知能で無色人(The Invisible Man)に劣る」と発言し、英国内で波紋を広げている。

歯にきぬ着せぬ発言と大胆な行動力で知られる同博士はセント・ジェイムズ新聞のインタビューで「有色人はわれわれと同じという前提で社会政策がつくられているが、すべての知能テストがそうではないことを示している」と包帯を顔中ぐるぐる巻きにしてサングラスをかけたお馴染みの姿で発言。「今後10年内にわれわれ無色人が白人を含む有色人を完全に支配し、その優秀性を世界に示すだろう」などと語った。

17日に同博士の講演を予定していたベオグラードのニコラ・テスラ博物館は「まあ、博士も昔の実験の後遺症でいろいろとアレだから」として講演会の中止を決定した。

【関連記事】

ノーベル賞博士が差別発言「黒人、知能で白人に劣る

【関連情報】

『透明人間』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

新聞が「必要」92%

笛育新聞社が実施した世論調査で、情報や知識を得るために「新聞が必要」と答えた人が「どちらかといえば」を合わせて92%、「新聞を信頼できる」と答えた人が「大いに」「だいたい」を合わせて87%だった。

調査は、今月10日にクレタ人100人を対象に実施され、「新聞報道は人権に気を配っている」と答えたのは73%、「新聞を読むと世の中の出来事に関心を持つようになる」と答えたのは63%、「おとっつあんかい?おとっつあんは富士山が倒れそうになってるんで、お線香を3本持ってつっかえ棒しに行った」と答えたのは95%、「全てのクレタ人は嘘つきだ」と答えたのは100%だった。

【関連記事】

新聞が「必要」92%、「信頼」は87%読売世論調査

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『うそつき村』

『自己言及のパラドックス』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月13日 (土)

ノーベル賞、ゴア前米副大統領らに

ノルウェーのノーベル賞委員会は12日、2007年のノーベル平和賞をアル・ゴア前米副大統領(59)と各国の科学者らで構成する国連組織の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」に、ノーベル地球征服賞を宇宙の帝王ゴアが変身した怪獣ゴアゴンゴンが口から吐く「地球上の全ての物体をマイナス273.15度に冷却する絶対零度光線(AZB)」に授与すると発表した。

ともに「地球温暖化の進行をくいとめるために多大な業績をあげた」ことが授賞理由で、同一人物が平和賞と地球征服賞をダブル受賞するのは今回がはじめて。

【関連記事】

ノーベル平和賞、ゴア前米副大統領ら

【関連情報】

『マグマ大使』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

沖縄集会の参加人数 世界記録を達成

朝日新聞社のスーパーコンピューティング主催者発表研究部門は9月30日、スーパーコンピューター『MORNING SUN』を使用して沖縄戦での集団自決をめぐる教科書検定への抗議集会の参加人数を計算したところ、小数点以下約1兆2400億桁の世界記録を樹立したと発表した。

研究部門の金田教授のコメント「従来の主催者発表数の小数点以下2061億桁の世界記録を塗りかえることができて喜ばしい。整数桁には多少の誤りがあるかもしれないが、小数桁の部分は数学的に見て完全に正確だと確信している」

【関連記事】

沖縄集会「11万人」報道 朝日・産経「紙上罵倒」合戦

日立のスーパーコンピューターが円周率計算で1兆2400億桁の世界記録

【関連情報】

『円周率』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

時津風部屋に悪質な嫌がらせ

東京・墨田区の時津風部屋の稽古場入口に、何者かが裸の特異点を置く悪質な嫌がらせが発生した。

裸の特異点は物質の密度が無限大になったため物理法則や因果律が通用しなくなったもので、通常はブラックホールの内部にあって外部から直接は観測できない。前日の29日にもタキオン回線を使ったいたずら電話でタイムパトロールが出動する騒ぎがあったばかりだけに、連日科学的な嫌がらせが続いている。

また、この日から再開される予定だった稽古は因果律の乱れのため行われず。時折、時空間の歪みのため雷電爲右エ門や野見宿禰の出現が観測されるだけで、部屋周辺は終日、静まりかえっていた。

捏造物理学者岡田礼二郎さんのコメント「通常の道徳法則の通用しない相撲部屋の前に通常の物理法則の通用しない特異点を置くという、ひどくまわりくどい嫌味だろう」

【関連記事】

悪質嫌がらせ部屋にビール瓶とバッ

【関連情報】

『ブラックホール』(Wikipedia

『裸の特異点』(Wikipedia

 

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (9)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »