« 百科事典に利用者急増、誤った情報も | トップページ | 「天使の存在を信じる」4割以上 »

2007年9月 8日 (土)

ポーランドの作家、作品で自身が犯した殺人を描写

ポーランドの犯罪小説作家が、「『〈《実生活で殺人を犯し、それを基にした小説を書いたたために、警察に疑われて、最終的に殺人罪で死刑の判決をうける》という小説を書いたために、警察に疑われて、実生活で本当に殺人を犯していたことが判明し、最終的に殺人罪で無期懲役の判決をうける〉という小説を書いたために、警察に疑われて、実生活で本当に殺人を犯していたことが判明し、最終的に殺人罪で禁固50年の判決をうける』という小説を書いたために、警察に疑われて、実生活で本当に殺人を犯していたことが判明し、最終的に殺人罪で禁固35年の判決をうける」という小説を書いたために、警察に疑われて、実生活で本当に殺人を犯していたことが判明したことがわかった。同国南西部ブロツワフの裁判所はこの作家に対し、殺人罪で禁固25年の判決を下している。

《》の作中人物である作家、〈〉の作中人物である作家、『』の作中人物である作家、「」の作中人物である作家、現実の人物である作家は、すべて自分の存在する世界の当局に対し、事件の詳細は報道資料から得たもので、ほかの部分は創作だと主張していた。

【関連記事】

ポーランドの作家、作品で自身が犯した殺人を描写

【関連情報】

『メタ』(Wikipedia

『マトリョーシカ人形』(Wikipedia

 

(古賀)


« 百科事典に利用者急増、誤った情報も | トップページ | 「天使の存在を信じる」4割以上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16378588

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドの作家、作品で自身が犯した殺人を描写:

« 百科事典に利用者急増、誤った情報も | トップページ | 「天使の存在を信じる」4割以上 »