« 埼玉で国内初の天然スペシウム。「地球で採れない」定説覆す | トップページ | 安倍首相、退陣表明 »

2007年9月12日 (水)

猿にスナック菓子は×

若手人気作家次皿作(つぎさら・つくる)さんがワシントン市を舞台に描いた小説「猿男の白い家」に、エリプス公園の猿にスナック菓子の「プレッツェル」を与える場面が登場する。

エリプス公園の猿の保護活動をしている「神の創造した知的な猿愛護会」は、発行元の幻冬舎に「エリプス公園の猿は本来は雑食動物だが、スナック菓子はフットボールの観戦中などにはさまざまな病気の原因になる。観光客にまねをされると困る」と善処を求めた。同社は重版の際、注意書きを挿入することを検討する。

「猿男の白い家」は、ワシントン市に海外赴任した日本人商社マンがある日、人間の言葉を話す猿に出会う。その猿が「プレッツェル」が大好きという設定。


【関連記事】

奈良公園のシカにポッキーは×

【関連情報】

『プレッツェル』(Wikipedia

『ホワイトハウス』(Wikipedia

『ジョージ・W・ブッシュ』(Wikipedia

 

(古賀)


« 埼玉で国内初の天然スペシウム。「地球で採れない」定説覆す | トップページ | 安倍首相、退陣表明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/16427959

この記事へのトラックバック一覧です: 猿にスナック菓子は×:

« 埼玉で国内初の天然スペシウム。「地球で採れない」定説覆す | トップページ | 安倍首相、退陣表明 »