« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

違反運転の家裁調査官処分

仙台家裁は29日、道交法違反で摘発された次席調査官を減給(10分の1、3か月)の懲戒処分にした。調査官は同日付けで依願退職した。

家裁によると、調査官は23日午前3時40分ごろ、バナナを食べ過ぎた状態でマイカーを運転。仙台市内を通行中、県警の検問で呼気1リットル中23グラムのバナナの皮が検出され、違反運転として反則キップを切られた。道路交通法は後続車を横転させる危険性が大きいため、バナナの皮を道路に投げ捨てたり吐き捨てたりするおそれのある者の自動車運転を禁じている。

調査官は22日午後6時ごろから同10時ころまで、同市のフルーツ・パーラーなど2店で同僚と飲食し、段ボール箱40箱分ほどのバナナをたいらげた。市内の自宅に歩いて戻って寝た後、23日午前3時ごろに起き、実家に車で帰る途中だったという。

阪田寛夫家裁所長は「法を遵守すべき裁判所職員がバナナを皮ごと食べるなど、誠に遺憾」と話した。

【関連記事】

『家裁調査官が酒気帯び運転』

【関連キーワード】

『バナナ』

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 8日 (金)

「デスノート」、人気漫画家が逮捕

人気漫画「ヒカルの碁」などで知られる漫画家の小畑健容疑者が、デスノートを車内に所持していたとして、警視庁石神井署に殺人容疑で逮捕されていたことがわかった。

小畑容疑者は「新世界の神になるために持っていた」などと話しているという。

同署によると、6日未明、小畑容疑者が東京都練馬区大泉町付近で乗用車を停車中、近くでバイクを走らせていた若者が突然トラックにはねられて事故死した。パトロール中の同署員が何となく職務質問をしたところ、助手席のコンソールボックスの中から死んだ若者の名前が書かれた死神のノートが見つかり、現行犯逮捕された。刑法では正当な理由なく死神が落としたノートに名前を書いて人の命を大量に奪うことを禁じている。

「ヒカルの碁」は単行本の発行部数が1000万部を超える人気作品。また小畑容疑者は空前の人体改造ブームを引き起こした「サイボーグじいちゃんG」などの作品でも知られている。

【関連記事】

『「デスノート」の人気漫画家、銃刀法違反で逮捕』

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »