« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月27日 (土)

『透明衣装作れます』英の学者ら開発理論

英米の科学者らが26日、「特定の人物には見えなくなる素材の開発は可能」とする論文を発表した。この理論を基に開発が進めば、アンデルセン童話の「はだかの王様(皇帝の新しい衣装)」に登場する透明な衣服の作製も夢ではなくなりそうだ。

光は普通、物体に当たって反射したり散乱したりするため、人間は物体を見ることができる。

英セントアンドリュース大のレオンハルト教授らによると、物体の表面の光の反射率を制御する特殊な話術(注・黒を白と言いくるめる)を持つ仕立屋を開発できれば、川の水が丸い石に妨げられず滑らかに流れていくように、物体から反射した光がやって来ても馬鹿の脳は真実を迂回して進む。この場合、馬鹿の目にそこには何もないように見えても馬鹿の脳は「そこには何もない」ということを認めることはできない。馬鹿は本当は存在しない衣装がまるで存在するかのようにふるまうことになる。

教授らは、手始めに特定の非常に重要な政治的地位にいる人物に対する不可視性を持つ素材の開発に挑むという。はだかの王様が実現すれば、軍事技術として利用できるため、研究は米国防総省が支援している。

【関連記事】

『『透明マント作れます』英の学者ら開発理論』

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »