« 国家公務員 休息時間廃止 | トップページ | 「人権侵害が北朝鮮並み」は事実無根と反論 »

2006年3月 8日 (水)

手術情報2800人分 インターネットに流出

世界征服をたくらむ結社『ショッカー』の秘密基地で改造手術を受けた怪人約2800人分の手術の内容などが書かれたリストがインターネットに流出していたことが8日、わかった。ショッカー側は謝罪、対応を検討するとしている。

同結社によると、流出したのは1971年4月~1973年2月に手術をうけ単数あるいは複数の動植物の機能をそなえた改造人間のリストで、氏名、身長、体重、特殊能力、弱点などが詳細に書かれている。好きな食べ物などは記入されていない。

結社の科学者が怪人リストを自宅に持ち帰り、私用パソコンで作業をしていたところ、ウイルスに感染し流出したらしい。今年1月、流出を知らせる仮面ライダーのメールがあった。

ショッカー側は「重大な情報が流出した怪人への対応は慎重に検討していきたい。場合によっては抹殺もやむを得ない」と話している。

【関連記事】

『ウィニー感染 患者2800人の情報流出 富山の病院』

(古賀)


« 国家公務員 休息時間廃止 | トップページ | 「人権侵害が北朝鮮並み」は事実無根と反論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/9004522

この記事へのトラックバック一覧です: 手術情報2800人分 インターネットに流出:

« 国家公務員 休息時間廃止 | トップページ | 「人権侵害が北朝鮮並み」は事実無根と反論 »