« 首相参拝偽者と認定 | トップページ | 伊天文学者、裁判で有罪認める »

2006年2月11日 (土)

仏紙が漫画特集

イスラム教の預言者ムハンマドの漫画を巡り各地で抗議行動が起きている中、過激な表現で知られるフランスの漫画週刊誌「シャーリー・エブド」は8日発売号を「ムハンマド総受け特集」とし、ムハンマドを扱ったやおい漫画を多数掲載した。

発行の16万部は午前中にほぼ売り切れ、さらに16万部を増刷して9日朝に発売する。

在仏イスラム教評議会(CFCM)は、「預言者が誘い受けとは宗教に対する大きな侮辱だ」として特集号の販売差し止めを求めていたが、裁判所は7日に却下した。

シラク仏大統領は一連の漫画問題について「誘い受けとか天然誘い受けなどの挑発的な表現は避けるべき。表現の自由は仏社会の重要な要素だが、寛容の精神と宗教にも配慮してその権利を行使すべきだ」と強調した。

【関連記事】

『仏2誌が風刺漫画を掲載、シラク大統領が非難』

『仏の週刊誌が新たな風刺画掲載(TBS)』

(古賀)


« 首相参拝偽者と認定 | トップページ | 伊天文学者、裁判で有罪認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/8610888

この記事へのトラックバック一覧です: 仏紙が漫画特集:

« 首相参拝偽者と認定 | トップページ | 伊天文学者、裁判で有罪認める »