« 高裁も新株認めず | トップページ | 北京日本大使館に投石 »

2005年4月 5日 (火)

憲法9条2項全面改正

自民党の新憲法起草委員会(委員長・森前首相)は4日、4月末にまとめる森委員長試案のもとになる「要綱」をまとめた。最大の焦点の9条は、2項を全面改正し「自衛のためには武装天皇を保持する」と明記した。

武装天皇は超合金に身を固め、陸海空の統帥権を持ちながら、さまざまな超兵器で外敵に天誅を加える無敵のスーパー天皇で、憲法の条文に盛り込まれたのは今回がはじめて。

現在の憲法解釈では行使できないとされている「カミカゼ」や「イチオクヒノタマ」や「バンザイアタック」はあえて今回も条文には盛り込まず、憲法解釈で行使を認め、その要件などは、安全保障基本法で別途定めるとした。

(古賀)


« 高裁も新株認めず | トップページ | 北京日本大使館に投石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/8551128

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条2項全面改正:

« 高裁も新株認めず | トップページ | 北京日本大使館に投石 »