« 延土霊末糸 | トップページ | 愚々霊(笛育妖怪館) »

2010年11月 7日 (日)

恐惶謹言(笛育妖怪館)

ご飯を食べてすぐ横になるとあらわれるという牛面牛身の妖怪。酒に酔うとあらわれる人面牛身の件(くだん)と対になる妖怪で、「飯を食うのが恐惶謹言なら酒を飲むのはよって件のごとし」という伝承とともに現代でもまだ一部の演芸場に生き残っている。

生まれてすぐ言葉をしゃべるがその言葉は丁寧すぎて良くわからないため、江戸時代の迷信深い職人などに「わが君の八なんてあだ名がついちまう」などと恐れられた。

『件』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『たらちね

「依って件のごとし」という小説もありましたね』(トンデモない一行知識の世界

大阪で生まれた小松左京やけど』(トンデモない一行知識の世界


(古賀)


« 延土霊末糸 | トップページ | 愚々霊(笛育妖怪館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/49964511

この記事へのトラックバック一覧です: 恐惶謹言(笛育妖怪館):

« 延土霊末糸 | トップページ | 愚々霊(笛育妖怪館) »