« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月13日 (土)

ファフロツキーズ現象

天から水が滴(しずく)になって大量に落ちてくる超常現象。この現象を説明する仮説には、竜巻説、水の精大量発生説、鳥の涎説、酔っぱらった宇宙人のUFOからの小便説などがある。大気中の水分が凝結して起こるという非科学的な説を唱える者もたまにいる。

超常現象研究家のチャールズ・フォートは、日本の履き物である『ゲタ』を遠くに投げて裏が出た次の日にはなぜかこの現象が起こりやすいことを発見した。

雨』Wikipedia

下駄』Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

飛出毛本

突然奇書怪書の類に羽根が生えてどこかに飛んで行ってしまい、何日かしてから間違った箇所やおかしな箇所に色のついた毛がくっついて戻ってくるという怪現象。

全国の天狗が1年間に1度鞍馬山に集まってその年に日本国内で出版された本の中から1番おかしな本を選んで鼻高々になる催し『飛出毛本大祭』に使われるといわれている。

天狗』Wikipedia

トンデモ本』Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

賢者の石

卑金属を金に換えたり人間を不死にしたりする不思議な力を持つ霊石。真の賢者の目にしか見えないと伝えられるためこう呼ばれる。

中世の錬金術師の賢者の石を追い求める努力はほとんどが徒労に終わったが、一部の服飾業者が賢者の石の原理を応用して無から金を生み出すことにみごと成功。非常に発展したといわれている。

賢者の石』Wikipedia

裸の王様』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »