« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

金色夜叉

インド神話に登場する鬼神。地獄の高温でガス状になった金属を金の原子とそれ以外の原子によりわけ、金の針の山、金の血の池など全てが黄金でできたゴージャスな地獄を作り上げる力を持つ。
古代マクスウェル国の王子が婚約者の裏切りに怒って悪鬼に変じたものと言われている。

金色夜叉』Wikipedia

夜叉』(Wikipedia

マクスウェルの悪魔』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

地獄

六道世界の一つ。多くてせいぜい百年ほどの寿命しかない人間界で犯した罪が何兆年何京年も巨大な火炎を燃やし続ける原動力になる出力が入力を上回る仮想の世界。
「もう少しで実用化できる」と天上界に騙されて裁判官になってからまともに稼働しないインチキの世界を押しつけられたことに気がつく閻魔大王があとを立たないという。

八大地獄』(Wikipedia

永久機関』(Wikipedia

閻魔』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

バミューダトライアングル

「船や飛行機にように大きなモノがまるで地球の奥底へつながる穴に吸い込まれるかのようにずぶずぶと姿を消す黒い疑惑の三角地帯」という何のへんてつもない説明を聞いただけで男子中高生が前屈みになるという不思議な現象をひきおこす謎の海域。

バミューダトライアングル』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

エドガー・ケイシー

伝説のアトランティス大陸の滅亡を夢で見た眠れる予言者。

ケイシーの息子が夢でアトランティス大陸に行きそこの神官の娘と色模様になりかけたと自分の女房に話し、それを聞いた女房がやきもちを焼き夫婦喧嘩になった。息子の女房に神官の娘に小言を言ってくれと頼まれたケイシーは夢でアトランティスに向かうが、神官の娘はケイシーが酒好きだというのを息子から聞いていてケイシーのために酒の燗をはじめてくれる。燗ができるのを一昼夜待っているうちにアトランティスは天変地異により海の底に沈んでしまい、目をさましたケイシーは「しまった、冷酒でやればよかった」と後悔したという。

『エドガー・ケイシー』(Wikipedia

アトランティス』(Wikipedia

夢の酒』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

シークレット・ドクトリン

通俗オカルト書の紙面をかせぐための神秘的な教義が書かれた書物の一つ。
「ん?このオカルト書。以前よりぶ厚くなったんじゃないか?」と読者が首をかしげる後で「フフ…気がついていないわね。この私がひそかにシークレット・ドクトリンで水増ししておいたことを!」と物陰に隠れた
ブラヴァツキー夫人がほくそ笑むのがオカルト業界の定番となっている。

『神智学』(Wikipedia

『ブラヴァツキー夫人』(Wikipedia

『伝染るんです。』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

ガンツフェルト実験

「五感を順番に破壊されて最終的に全感覚を失った人間には、通常の五感を越えた感覚(ESP能力)が働きだす」という仮説を検証するための実験。
乙女座の黄金聖闘士ガンツフェルト(注:シャカは芸名)により処女宮で青銅聖闘士を被験者に行われたためにこの名称で呼ばれる。

『聖闘士星矢』(Wikipedia

『乙女座のシャカ』(Wikipedia

『セブンセンシズ』(はてなキーワード


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »