« 裏六道(うらろくどう) | トップページ | 牛の刻参り(うしのこくまいり) »

2008年12月29日 (月)

蟹大僧正(かにだいそうじょう)

猿に柿をぶつけられて死んだ蟹の子孫が、復讐を誓い巨大な蟹の妖怪となってあらわれたもの。

「両足八足大脚二足、横行自在にして眼、天を指す何」などの問答を仕掛け、答えられない者の頭の上に臼を落としてぺしゃんこにする。

しかしきき耳ずきんの力を借りた宇留寺の僧に正体を見破られ、頭の上に盥を落として笑いをとる法力により退治された。

『化け蟹』(Wikipedia

(『宇留寺満英主縁起絵巻』より)

(古賀)


« 裏六道(うらろくどう) | トップページ | 牛の刻参り(うしのこくまいり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/43559035

この記事へのトラックバック一覧です: 蟹大僧正(かにだいそうじょう):

« 裏六道(うらろくどう) | トップページ | 牛の刻参り(うしのこくまいり) »