« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年7月

2006年7月13日 (木)

古庫労苦(こころぐ)

古い書庫の中で書物を書き写していると、急に筆がとてつもなく重くなり動かしにくくなってしまう現象。

一つの短い言葉を書くのに一晩かかってしまうこともあるという。

これは古庫老君という一種の子泣き爺のしわざとされ、『古河逝け古河逝け』と唱えると怪異の元は近くの河に飛んで行って禍は消えてしまうと言い伝えられている。

(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »