« 三世殺し(さんせいごろし、さんぜごろし) | トップページ | 愚頓法師(ぐとんほうし) »

2006年6月17日 (土)

二尾狐(にびぎつね)

尾が二つに分かれた狐。妖狐の中でも最も未熟なもので、他の三尾の狐や五尾の狐に食い物にされることが多い。おさげ髪の女官に化けて天皇を誑かそうとしたが、いつも逆立ちしているのを怪しまれ退治された。

(『新宇留寺卍縁起絵巻』より)

(古賀)


« 三世殺し(さんせいごろし、さんぜごろし) | トップページ | 愚頓法師(ぐとんほうし) »

コメント

今目の前に二本尾の狐がいます。
どうももといたお寺佳どこかへ帰りたいようなのですが。こいつわたしのねこ身を襲って首を占めようとしました。
一体どこにつれていけばよいの?
岡山というのは何となく伝わってきたけど今にも期が触れそうです。
どうしたらいいの

投稿: 八色 | 2010年1月17日 (日) 05時11分

>どうしたらいいの

そうですね。鬼太郎のお父さんにでもお聞きになられたら。

投稿: 古賀 | 2010年1月17日 (日) 18時58分

鬼太郎のお父さん死んじゃったじゃないか

投稿: | 2010年1月19日 (火) 13時17分

天国に会いに行かれてはどうでしょうか。

投稿: 古賀 | 2010年1月19日 (火) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/10552277

この記事へのトラックバック一覧です: 二尾狐(にびぎつね):

« 三世殺し(さんせいごろし、さんぜごろし) | トップページ | 愚頓法師(ぐとんほうし) »