« トロール(とろーる) | トップページ | 天狗穴(てんぐあな) »

2006年4月18日 (火)

邪身爛様(じゃみらんさま)

全身ひびのはいったぬりかべのような妖怪。

夜の山道を歩いていると突然、前に見えない壁が立ちふさがりどこにも進めなくなることがある。

そんなときは「邪身爛様、邪身爛様、人間の心とりもどしてくだされ」と唱えて、柄杓で地面に水をまくと、赤ん坊のような泣き声をあげて妖怪が逃げていき壁は消えてしまう。

子供むけの妖怪本には口から火を吐く恐ろしげな怪物として描かれることが多い。

(『宇留寺卍縁起絵巻』より)

(古賀)


« トロール(とろーる) | トップページ | 天狗穴(てんぐあな) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/9639027

この記事へのトラックバック一覧です: 邪身爛様(じゃみらんさま):

« トロール(とろーる) | トップページ | 天狗穴(てんぐあな) »