« 聖文安作通成道絵巻(せいぶんあんさつじょうどうえまき) | トップページ | 平円人(たいらののまると) »

2006年1月29日 (日)

天辺禿(てっぺんとう)

河童は地方によりガラッパ、ガワッパ、カワッソー、水虎、ひょうすべ、サンボンなど様々な名称で呼ばれるが、てっぺんとうと呼ばれるのは日本でただ一箇所、伊集湖近辺だけである。

頭のてっぺんのお皿がまるで禿頭のように見えるからではなく、ぴかぴか光る物体に乗って天からやって来て湖に住みついたからそう呼ばれるのだという。

(『宇留寺正文縁起絵巻』より)

(古賀)


« 聖文安作通成道絵巻(せいぶんあんさつじょうどうえまき) | トップページ | 平円人(たいらののまると) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/8386111

この記事へのトラックバック一覧です: 天辺禿(てっぺんとう):

« 聖文安作通成道絵巻(せいぶんあんさつじょうどうえまき) | トップページ | 平円人(たいらののまると) »