« 九琉虫(くるむし) | トップページ | 雷大名(えれきだいみょう) »

2005年12月23日 (金)

吾意在(わいある)

年を経た松の樹木が「吾思う故に吾在り」と近代的自我に目覚めて妖怪と化したもの。

灯台守を石地蔵の中に閉じ込めてその男になりすまし仲間を増やそうとしたが、男の妻に

「以前のあなたは椎茸だったけど、今夜のあなたは松茸だわ。なぜ?」

と思わぬところで正体がばれて退治された。仏の白毫(眉間)から照射される光に弱い。

(『宇留寺正文縁起絵巻』より)

(古賀)


« 九琉虫(くるむし) | トップページ | 雷大名(えれきだいみょう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/7788966

この記事へのトラックバック一覧です: 吾意在(わいある):

« 九琉虫(くるむし) | トップページ | 雷大名(えれきだいみょう) »