2011年4月12日 (火)

源八入道(笛育妖怪館)

全国各地に生息する大入道。力持ちでよく働くが、地震が起こると妖怪アンテナが効かなくなるほどの強い妖気を吐くためこれを退治しようと全国各地の鬼太郎が反対運動をくり広げている。しかし全国各地のねずみ男が権力と結託して推進運動をくり広げているためあまり効果があがらない。

『原子力発電』(Wikipedia

『ゲゲゲの鬼太郎』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

久兵衛狸(笛育妖怪館)

人に願い通りの富貴を与えてから、後にそれを奪って貧乏のどん底に落とし込みその精神状態の落差を霊力に変えるといわれる化け狸の一種。須弥山が霊力を失って崩壊していくのを阻止しようとする忉利天の住人の化身といわれる。「貴殿も早く拙者の持つこの証文に血判を押して魔法長者になるでござる」

『忉利天』(Wikipedia

『魔法少女まどか☆マギカ』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

愚々霊(笛育妖怪館)

寺の小僧がわからない言葉を自分で調べず和尚様を質問ぜめにしていると耳もとで一言「ぐぐれ」とだけつぶやいて消えてしまう妖怪。算盤が百年以上の歳を経て様々な怪異を引きおこすようになったもので付喪神の一種。

『付喪神』(Wikipedia

Google』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

恐惶謹言(笛育妖怪館)

ご飯を食べてすぐ横になるとあらわれるという牛面牛身の妖怪。酒に酔うとあらわれる人面牛身の件(くだん)と対になる妖怪で、「飯を食うのが恐惶謹言なら酒を飲むのはよって件のごとし」という伝承とともに現代でもまだ一部の演芸場に生き残っている。

生まれてすぐ言葉をしゃべるがその言葉は丁寧すぎて良くわからないため、江戸時代の迷信深い職人などに「わが君の八なんてあだ名がついちまう」などと恐れられた。

『件』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『たらちね

「依って件のごとし」という小説もありましたね』(トンデモない一行知識の世界

大阪で生まれた小松左京やけど』(トンデモない一行知識の世界


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

延土霊末糸

夏がいつまでも終わらないが一定期間ごとに全ての人の記憶がなくなるため誰もそのことに気がつくことができず、誰もそのことに気がつくことができないはずなのになぜか各地に言い伝えられている怪異。

全国の子供達の夏休み最後の日までなるべく手つかずで宿題を残しておく風習は、民俗学的には
延土霊末糸を避けるために行われる儀式が長い年月の間に形骸化したものである。

『涼宮ハルヒシリーズ』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ダイダラゴッチ

ショーマンシップを排した妥協のないスタイルで多くの山や湖沼を作った「国づくりの神様」といわれる巨人。

ゴッチが近江の土地を持ち上げたまま後方に反り投げを行なったために琵琶湖と富士山とジャーマン・スープレックス・ホールドができた、などの数々の伝説を持つ。ただし古代の日本にはレフェリーがいなかったため富士山から日本一の王座を奪うことはできず、無冠の帝王のまま終わった。

『カール・ゴッチ』(Wikipedia

『ダイダラボッチ』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

写真にまつわる迷信

3人で写真に写ると、真ん中の人間と右端の人間と左端の人間が魂を抜かれる。(ワイルド星に伝わる迷信)

『宇宙野人ワイルド星人』(Wikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

ユニコーン

額の中央に大きな一本角の生えた馬に似た伝説の生き物。

非常に獰猛で気難しく処女にしかなつかない。種類によってはさらに気難しく生娘やおぼこにならなつくが処女にはなつかない。育ちによってはさらにさらに気難しく『処女作』や『処女航海』も、『生娘作』『おぼこ航海』と言い換えないとなつかないなどと言われている。編集者に化けて出版社に勤務していることがあるので、角の生えた編集者や馬に似た編集者には警戒を怠ってはいけない。

ユニコーン』Wikipedia

某出版社から「当社では“処女”という言葉は使えないので(Twitter/誠一郎


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月18日 (日)

砂鬼

衝立の中に住みつく妖怪。亥の刻ごろに衝立から抜け出して、衝立を使って恋愛をする5人の若い男女の絵を描きはじめる。砂の中に住んでいるわけでもないのになぜ砂鬼と呼ばれるのか、その理由は妖怪研究家の間でも説が分かれている。

絵の感想を聞かれたときに「衝立の使い方がうまく描けてませんね」と酷評すると怒ってどこかに行ってしまい、衝立にはもう戻ってこないこともあるという。

素直になれなくて(テレビドラマ)』Wikipedia

TwitterWikipedia

ドラマ『素直になれなくて』がTwitterを描けていない理由じゃがめブログ


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 6日 (火)

衝太狸

徳島県美馬郡脇町以外の地方に伝わる化け狸の妖怪。

夜一人寂しく仕事をしていると、突然手の届く場所に沢山の人が呟いている言葉が文字になってあらわれ、それに目を奪われるとちっとも仕事がはかどらない。光明真言を唱えながら家の中のパソコンやiPhoneを封印すると怪異がおさまることが多い。

衝立狸』Wikipedia

TwitterWikipedia


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

«付喪神