最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

嘘情報(NIFTY)

2009年1月16日 (金)

嘘情報『私が戦争に反対する理由』

「生れたとき目の前を歩いていた日本国憲法9条を母親だと思いこんでいる」

「銀河皇帝である私に断りもなく勝手に戦争を始めたのが気に入らない」

「体中を無数の小さなグリーンベレーが這い回るのが何となくいや」

「里全体が平和主義の鉄の掟に支配されており、抜けることは死を意味する」

「ベルの音が鳴ると反射的に戦争に反対するように博士に訓練された」

「『ぬかみその古漬けと自衛隊だけは出してくれるな』という親父の遺言」

「怖いから。あとまんじゅうと濃いお茶にも反対している」

「なぜ反対したのかよく覚えていない。ところで正子さんや、飯はまだかのう」

「朝、気がかりな夢から目をさますと1匹の巨大な土井たか子になっていた」

01/10/21 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『土井たか子』(Wikipedia

 
(古賀)

嘘情報『心に残る世界の名作文学』

英国の数学者チャールズ・ドジスンは、近所の可愛い少女を集めてきて自宅でお茶会を開くのが趣味でした。

「えー、では今日もぼくが君たちのために作った地底の不思議な国のおはなしをみっちりと語るから」
「さあ、はじまったわよ。頭をぐーっと低くして」
「げろげろっ」
「帰りてえ…」
「でも、お小遣いもらってるし」
「しょうがねえ。少しはほめてやるか」
「正気?あの破綻したストーリーのどこにほめるところが?」
「まあ、これも前世の因縁とあきらめてお互いにほめましょう」
「よう、よう、うまいぞ、スコーン!」
「スコーンをほめちゃいけない」
「幼女殺し!」
「幼女殺しはひどいや」
「なにをいったってわかるもんですか。かけ声さえかかってれば、むこうじゃほめているとおもってるんだから……ようよう、変質者!ロリコン!ド変態!宮崎勤!藤田容疑者!」

世界中の多くの人々に愛される名作「不思議の国のアリス」はこのようにしてうまれたのです。

01/09/17 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『不思議の国のアリス』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『寝床』

 
(古賀)

嘘情報『20世紀の出来事』

1903 ライト兄弟が初飛行に成功。レオナルド・ダ・ヴィンチに飛行機に画鋲を入れられる。
1904 日露戦争開戦。ロシアがたちまち攻めて来て、家は焼け畑はコルホーズになる。
1905 アインシュタイン、光速に近いスピードで飛ぶ宇宙船の中で髭をそると顔面が血だらけになると提唱。
1912 タイタニック号、失踪中にUFOと遭遇し沈没していたことが逆行催眠により明らかに。
1922 ツタンカーメン王の墓発掘。正直じいさんとポチが呪いにより死亡。
1937 ピカソ、自分の娘を焼き殺して『ゲルニカ』完成。
1938 オーソン・ウェルズ、ラジオドラマで『使徒襲来』を朗読。全米のオタクがパニックに。
1940 トロツキー、亡命先で頭にピッケルの生える奇病にかかって死亡。
1946 昭和天皇、「おちこんだりもするけど私は元気です」と人間宣言。
1957 ソ連、人工衛星スプートニク1号にアイアンジャイアントを入れて打ちあげ。
1959 キューバでカストロが政権掌握。てはじめに自分の名前を読み間違えた者を全員粛清。
1962 フルシチョフがケネディからの緊急ホットラインに対して「そんな電話には誰も出んわ」と言ったためキューバ危機。
1963 米ケネディ大統領、ツタンカーメン王の呪いにより死亡。
1964 サルトルがトンデモ本大賞を辞退。
1968 警官姿の男が3億円を奪い100メートル10秒の壁を破る。
1969 アポロ11号月着陸。学生占拠の月面を宇宙飛行士により封鎖解除。
1972 米ニクソン大統領、横井庄一を人質にしてあさま山荘に立て篭もる。
1977 王貞治の試験管ベビーが756人誕生。世界新記録達成。
1980 ビートルズのジョン・レノン、ツタンカーメン王の呪いにより死亡。
1986 チャレンジャー爆発。秘密戦隊ゴレンジャー解散する。
1989 昭和天皇、ツタンカーメン王の呪いにより崩御。
1990 東西ドイツ統一。
1991 南北ドイツ統一。
1992 上下ドイツ統一。
1993 左右ドイツ統一。
1994 裏表ドイツ統一。
1997 英でクローン羊誕生。なかなか寝つかれない人に重宝がられる。
1998 英で死亡したダイアナ元皇太子妃のクローン誕生。なかなか寝つかれない人に重宝がられる。
1999 恐怖の大王、恐怖の饅頭、恐怖の渋くて濃い1杯のお茶などが予言通り空から降りてくる。
2000 小渕首相死亡。ツタンカーメン王の呪いにより次期総理に森首相が。

01/01/03 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

 
(古賀)

嘘情報『心に残る名画 『十戒』』

米/パラマウント 57年

監督 セシル・B・デミル
脚本 ジェシー・レ・ラスキー他
撮影 ローヤル・グリッグス
音楽 エルマー・バーンスタイン
キャスト モーゼ チャールトン・ヘストン
     ラメシス王 ユル・ブリンナー
     セフォラ アン・バクスター

            【STORY

「命あっての物種と逃げ出すと、あとからエジプト兵がどんどん追いかけてくる。逃げながらひょいと前を見ると、大きな海が行手を塞いでるんで…進退ここにきわまった」
「よくきわまるな…それでどうなったい」
「日頃の信心を示すのはこのときとばかり神に一心に祈りをささげますと、東の方からおそろしく激しい風がひゅうう~と吹いてきまして、それに当たった海が左右に分かれたかと思うと壁のようにかちんかちんに固まってしまいましたんで…」
「馬鹿をお言いでないよ。海が固まるやつがあるかい。」
「それが固まってしまったんだから仕方がない。ちょうど海の真ん中に乾いたところができたんでそこをみんなを連れて進んで行きましたが、エジプト兵は戦車にのってみるみる近付いてくる。そこであたしは固まった海を元に戻してエジプト兵の頭上に落としてやろうと思いましたが、ここでひとつかんがえた。」
「どうかんがえたい?」
「何千というエジプト兵が、これに一度に当たって溺れてしまえばいいが、半分死んでもあとがのこったらこっちには得物がない」
「なるほど……」
「それからこの海を小脇にかかえた」
「おやおや、そんなもの小脇にかかえられるわけがないだろう」
「それがいいあんばいにひょうたん海で中がくびれていた」
「おふざけでないよ、ばかばかしい」
「小脇にかかえた海をちぎっては投げ、ちぎっては投げ…」
「おいおい、海がちぎれるかい」
「それがさっき固まったばかりだからまだやわらかい」

  名画パラダイス365日【外国映画編】 角川文庫より

00/02/26 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『十誡 (映画)』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『弥次郎』

 
(古賀)

嘘情報『昼寝』

ある先生が昼寝をして、醒めたとき、つい口をすべらして、「わしは先代の皇帝を夢にみた」といった。
あくる日の昼、弟子がその真似をした。そこで先生が笞で叩き起こして叱ると、
弟子、「わたくしも夢で先代の皇帝に会いに行っていたのです」
先生、「で、先代の皇帝は何と仰せられたぞ?」
弟子、「先代の皇帝は、きのう先生に霊界からメッセージなぞ伝えなかったと仰せられました」

注 『論語』に孔子が「夢には出ないのにサウスパークには出てくる」と嘆じたとある。


   「笑府(上)」中国以外笑話集 岡田礼二郎訳 岩波文庫より

00/02/13 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『幸福の科学』(Wikipedia

 
(古賀)

嘘情報『心に残る聖書の言葉』

「こうして、指と指がさわって……かみさんの顔をじいっと見ると、これがふるいつきたくなるような……いい女……じゃねえ……あーあ、おれは長命だ」(メトセラ)

        創世記第5章27節より

00/02/11 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

落語のあらすじ 千字寄席 『短命』

 
(古賀)

2009年1月15日 (木)

嘘情報『またも少女『拉致監禁」事件』

新潟県の事件に続き、今度は20年以上も拉致監禁されていた少女が発見された。

当時10歳の少女だった被害者は、学校から帰る途中、声をかけてきた男にナイフで脅され、そのまま男の自宅に連れ込まれ2階の一室に監禁されていた。男はよく興奮したような状態になって被害者を殴ったり蹴ったりしたが、そのたびに「お前を閉じ込めておくのが世の中のためなんだ。」と言うのが口癖だったという。

今回、被害者が発見されたのは、去年までは被害者を厳重に監禁し被害者をおいて外出する際も脱出できないよう外からの完璧な戸締まりを忘れなかった男が、今年に入ってからはひんぱんに窓や戸の鍵を締めるのを忘れるようになり、それに気づいた被害者が男の留守をねらって窓から脱出に成功、すぐに警察に通報したためである。

男は現在「俺のおかげで地球は滅亡から救われた。」など意味不明なことを口走る錯乱状態にあり事情聴取さえできていない。

被害者の恐怖の大王さん(仮名)のさらわれた当時のランドセルに入っていたノートには、男の目を盗んで書いたと思われる「もう7がつだ」「はやくここからでてじんるいをほろぼしたい」などの言葉がたどたどしい筆跡で書かれており、暴力によって奪われた無辜な少女の取り返しのつかない時間の重みを感じさせる。

00/02/05 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『恐怖の大王』(Wikipedia

 
(古賀)

嘘情報『『サザエさん』がリニューアル』

今年の4月から国民的人気番組である『サザエさん』が『サザエさんG』(日曜夜6時半 フジテレビ系)にリニューアルし、新番組として『サザエさんC』(火曜夜7時 フジテレビ系)と『サザエさんS』(木曜夜7時 フジテレビ系)が始まる。

『サザエさんG』はタイトルが変わる以外これといった変更はないが、『サザエさんC』は国民の一人一人にさらにサザエさんに親しんでもらうため脚本は全て視聴者からの投稿のみとし、番組に脚本が採用された人にはもれなく座布団が進呈される。インターネットでの投稿も受けつけている。

なお『サザエさんS』はアニメではなくサザエさんの裏話を放映する予定。

00/01/25 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『サザエさん』(Wikipedia

 
(古賀)

2009年1月14日 (水)

嘘情報『チベット仏教の活仏(番外編)』

インド到着後、険しいヒマラヤ山脈をどのようにして越えたのかその秘訣を聞かれたカルマパ17世はしばし考えてから「簡単なことです。右足を高くあげてから、その足がまだ空中にある間に左足を上げる。その左足がまだ空中にある間に右足をあげる。この方法を使って空中を行けばどのような険しい山も越えていけますし、たとえ海の上でも歩いていくことができます。」と答えた。

「うん、そうだ。張のやつはこの村にはしばらく帰ってこねえ。なんでもどこかの寺院でカルマパ17世様が使われた空でも海でも歩いていけるどえらい秘法をさずかったちゅうことで、海を越えて日本に行くそうだ。」

00/01/16 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『カルマパ17世』(Wikipedia

苦難やゆよ記念財団

 
(古賀)

嘘情報『チベット仏教の活仏(続報)』

チベット亡命政権筋からの情報によれば、ダラムサラ到着後亡命の意思について尋ねられたカルマパ17世は、しばし思案してから「ラサを出るときまでは確かに憶えていたのですが…何しろ幼少のみぎりより大変もの忘れがはげしくてヒマラヤ山脈を越える際にうっかり『どっこいしょ』と言ったはずみに忘れてしまいました。」と明確な返答を避けたとのことである。

一方、インド外務省筋からはインド政府が『指先に特別の力量ある者』を募集し、カルマパ17世の亡命の意思を確認したとの情報が入っている。

00/01/16 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『カルマパ17世』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『粗忽使者

 
(古賀)

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

カウンター&Twitter(嘘倉庫)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。


  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』


今週のおすすめサイト

面白いサイト