最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 心に残る古典落語『二十四孝』木の巻 | トップページ | 心に残る古典落語『二十四孝』土の巻 »

2009年5月 4日 (月)

心に残る古典落語『二十四孝』金の巻

「このほかに郭巨という人がいた。例によってオプションでばばあがくっついていたがそれにさらに女房と子供がいたため前の二人に輪をかけた貧乏だ。おっかさんに食べさせてやろうとすると子供に食べさせることができない、子供に食べさせてやろうとするとおっかさんに食べさせることができない、それぐらい貧乏なので、夫婦相談の上、母へ十分孝行をつくすためにはしかたがない、ふびんではあるがってんで、子供を生き埋めにしようということになった」
「ひどいことするねえ」
「まあ、待て。おれもはじめはそう思った。しかし昔の唐土のことだから、もうすでにこんな場合は天が感ずるものだというマニュアルができあがってるから安心なんだ……山へ連れていって、子供を埋めようとして天を仰いではらはらと落涙すると、案の定足の下の土がこんもりと盛りあがった。待ってましたとばかりに郭巨がそれを鍬で払いのけると、『天、郭巨に与うるものなり、他の者これをむさぼるなかれ』と書かれた不思議な繭があらわれた。繭を割ると中から出てきたのは金のカネゴンだ」
……………………何で昔の唐土なのにそんなものばかり出てくるんだ?」
「そのへんは天の趣味が偏っているからだと思うが良くはわからねえ。郭巨はそのカネゴンを金の釜と偽ってお上へ届け、ご褒美をもらい大金持ちになった」
「偽ってばかりだな。そんな孝行者ばかりで何だか話にちっとも説得力がねえ」
「説得されなくてもいいから、とにかく親孝行をしろ」
「うーん」
「首をひねりながら帰っちまいやがった……しょうがねえ。俺の方もさっそく親孝行にとりかかるとしようか」
(土の巻へ続く)

2004/06/18 第31回嘘競演お題『日月火水木金土』投稿作品)

【関連情報】

第31回嘘競演(発言順リスト)』

【上方落語メモ第7集その336】 『二十四孝』

『ウルトラQ』(Wikipedia

  
(古賀)

« 心に残る古典落語『二十四孝』木の巻 | トップページ | 心に残る古典落語『二十四孝』土の巻 »

嘘競演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/44892759

この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る古典落語『二十四孝』金の巻:

« 心に残る古典落語『二十四孝』木の巻 | トップページ | 心に残る古典落語『二十四孝』土の巻 »

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

カウンター&Twitter(嘘倉庫)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。


  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』


今週のおすすめサイト

面白いサイト