最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 嘘情報『淳旭國屋書店10月上半期ベスト10』 | トップページ | 嘘情報『今日のアニメ』 »

2009年1月10日 (土)

嘘情報『故事成語「臨界事故」』

古代中国に中子という賢者がおり、中子の教えを信じる者は中子とその性を同じくする者という意味で中性子と称した。

中子が臨国と界国との境界に迂蘭堂という私塾を開いた時、両方の国から弟子志願の若者が続々とつめかけ狭い道に人が一杯になり通行に支障を来たすようになった。そこで両国から迂蘭堂へと続く道に門を設けて一定時間に一定の人数しか通行人を通さないようにした。しかし馬穴という者が門番になってからは裏金さえもらえばいつでも何人でも通すというやり方があたりまえになり、ついに常陽祭という中子の誕生日を祝うお祭りの日に道にたくさんの中性子が殺到して連鎖反応で次々と人が横倒しになり大勢の怪我人が出るという事故が起こった。

人々は「馬穴のような者を門番として用いずに臨国界国からの中性子を正しく迂蘭堂に導けばこんなことにはならなかったものを」と噂した。

ここから馬穴のような間違ったものを用いてそれがもとで起こった事故のことを臨界事故と呼ぶようになった。

民青書房刊 「中国の故事成語にみる安全管理」より

99/10/29 FCOMEDYG『続新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『東海村JCO臨界事故』(Wikipedia

 
(古賀)

« 嘘情報『淳旭國屋書店10月上半期ベスト10』 | トップページ | 嘘情報『今日のアニメ』 »

嘘情報(NIFTY)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/43693798

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘情報『故事成語「臨界事故」』:

« 嘘情報『淳旭國屋書店10月上半期ベスト10』 | トップページ | 嘘情報『今日のアニメ』 »

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

カウンター&Twitter(嘘倉庫)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。


  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』


今週のおすすめサイト

面白いサイト