最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 嘘情報『昼寝』 | トップページ | 嘘情報『20世紀の出来事』 »

2009年1月16日 (金)

嘘情報『心に残る名画 『十戒』』

米/パラマウント 57年

監督 セシル・B・デミル
脚本 ジェシー・レ・ラスキー他
撮影 ローヤル・グリッグス
音楽 エルマー・バーンスタイン
キャスト モーゼ チャールトン・ヘストン
     ラメシス王 ユル・ブリンナー
     セフォラ アン・バクスター

            【STORY

「命あっての物種と逃げ出すと、あとからエジプト兵がどんどん追いかけてくる。逃げながらひょいと前を見ると、大きな海が行手を塞いでるんで…進退ここにきわまった」
「よくきわまるな…それでどうなったい」
「日頃の信心を示すのはこのときとばかり神に一心に祈りをささげますと、東の方からおそろしく激しい風がひゅうう~と吹いてきまして、それに当たった海が左右に分かれたかと思うと壁のようにかちんかちんに固まってしまいましたんで…」
「馬鹿をお言いでないよ。海が固まるやつがあるかい。」
「それが固まってしまったんだから仕方がない。ちょうど海の真ん中に乾いたところができたんでそこをみんなを連れて進んで行きましたが、エジプト兵は戦車にのってみるみる近付いてくる。そこであたしは固まった海を元に戻してエジプト兵の頭上に落としてやろうと思いましたが、ここでひとつかんがえた。」
「どうかんがえたい?」
「何千というエジプト兵が、これに一度に当たって溺れてしまえばいいが、半分死んでもあとがのこったらこっちには得物がない」
「なるほど……」
「それからこの海を小脇にかかえた」
「おやおや、そんなもの小脇にかかえられるわけがないだろう」
「それがいいあんばいにひょうたん海で中がくびれていた」
「おふざけでないよ、ばかばかしい」
「小脇にかかえた海をちぎっては投げ、ちぎっては投げ…」
「おいおい、海がちぎれるかい」
「それがさっき固まったばかりだからまだやわらかい」

  名画パラダイス365日【外国映画編】 角川文庫より

00/02/26 FCOMEDYC『続々新嘘情報』投稿作品)

【関連情報】

『十誡 (映画)』(Wikipedia

落語のあらすじ 千字寄席 『弥次郎』

 
(古賀)

« 嘘情報『昼寝』 | トップページ | 嘘情報『20世紀の出来事』 »

嘘情報(NIFTY)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/43760908

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘情報『心に残る名画 『十戒』』:

« 嘘情報『昼寝』 | トップページ | 嘘情報『20世紀の出来事』 »

このブログについて

  • 【リンクについて】
    「おわあ、こんばんわ」「おわあ、こんばんわ」「おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ」「おわああ、ここのブログはリンクフリーです」
  • 【ご意見等について】
    ご意見・ご批判等ございましたら、お気軽にそのへんのコメント欄にお書き下さい。特に『笛育市更新日記』あたりに「通りすがり」を装って書くと書きやすいんじゃないかななどと思う今日このごろです。twitterの方でも受け付けております。http://twitter.com/kokogaga

カウンター&Twitter(嘘倉庫)


  • Twitterのログは◆kokogaga(Twilog)にあります。


  • 『笛育市更新日記』『笛育シネマシアター』『笛育新聞社』『笛育妖怪館』『笛育演芸場』『笛育怪獣墓場』『笛育探偵団』『笛育思想塾』『笛育ライブラリー』『笛育蔵』


今週のおすすめサイト

面白いサイト