« 太陽がいっぱい | トップページ | 幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱 »

2009/09/12

さよならジュピター先生

1984・東宝

製作総指揮 田中友幸
製作 小松左京
監督 小松左京 橋本幸治
脚本 小松左京
出演 三浦友和 ディアンヌ・ダンジェリー 小野みゆき レイチェル・ヒューゲット 平田昭彦
原作 小松左京『さよならジュピター』 久米田康治『さよなら絶望先生』第171話『強引の窓』

STORY

西暦2125年、学園内に突如大量発生した厄介事(引きこもり、ストーカー、動物虐待、BL、多重人格、猟奇等)を次々に引き寄せるダメ女生徒(ブラックホール)により太陽系学園は滅亡の危機を迎えていた。

文部科学省はダメ女生徒にダメ教師(ジュピター先生)をぶつけ合わせて共倒れを狙う『ジュピター計画』をひそかに推し進めるが、かえって先生というブラックホールに女生徒というブラックホールが引き寄せられて巨大なブラックホールが形成され、学園どころか世界全体が吸い込まれて消滅してしまう未曾有の大ピンチを招いてしまう。果たして狂信的な普通の女生徒による過激な普通保護活動団体『普通教団』のホワイトホールによる普通の破壊活動は間に合うのか?そして見ていてイライラしないきっちりした無重力SEXは可能なのか?

三浦友和扮するジュピター先生の決めゼリフ「絶望した!日本のSF映画に絶望した!」が視聴者のハートをがっちりと鷲掴みにしまくる超本格派SF映画。

【関連情報】

『さよならジュピター』(goo映画)

『さよならジュピター』(Wikipedia

『さよなら絶望先生』(Wikipedia


(古賀)


« 太陽がいっぱい | トップページ | 幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/46193264

この記事へのトラックバック一覧です: さよならジュピター先生:

« 太陽がいっぱい | トップページ | 幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱 »