« ハムレット | トップページ | 太陽がいっぱい »

2009/01/17

K―20(TWENTY) 帰ってきた怪人二十面相・伝

2008年12月20日封切

監督 本多猪四郎
脚本 上原正三
音楽 冬木透
出演 団次郎 塚本信夫 榊原るみ 岸田森 川口英樹他
原作 江戸川乱歩『怪人二十面相』 北村想『怪人二十面相・伝』

STORY

我々の世界とは異なる歴史を辿ったために極端な格差社会が形成された20世紀の日本。
異常気象と地殻変動により深い眠りについていた過去の名探偵たちが一斉に目をさまして暴れ出し、帝都に住む罪もない貧乏な泥棒達の生活をおびやかしていた。泥棒長屋の住人達は名探偵に対抗するために精鋭を集めてMAT(注1)を結成するが巨大な名探偵の力にはとても歯がたたない。
そんなある日、サーカス団の人気曲芸師遠藤平吉が名探偵と名探偵が獲物を取り合って死闘を演じているのに巻き込まれた子供を助けようとして命を落とす。
平吉の遺体を前にして深い悲しみに沈む家族同然の泥棒長屋の住人たち。
その晩、泥棒長屋に不思議な光があらわれ平吉の遺体に語りかけてきた。
「遠藤平吉。私は君の勇敢なる行動を見た。自分の危険もかえりみず子供を助けようとした君に感動した。一緒に帝都の平和と泥棒の自由のために頑張ろうではないか」
何とそれは名探偵明智小五郎との戦いで死んだはずの伝説の義賊『怪人20面相』の魂であった。
怪人20面相の魂を受け継いで甦った遠藤平吉は、ピンチになると2代目怪人20面相に変身し、どんな人間にも自由に変装する力とクロスした両腕から生み出される無敵のニコラ・テスラ光線と伸縮自在のワイヤーを発射する怪人ブレスレット(注2)で凶悪な名探偵たちを次々に倒しながら貧乏な泥棒や子供たちの生活を守るために奮闘する。
架空の帝都を舞台にくり広げられる異色冒険大活劇の決定版。

(注1 名探偵・アタック・チームの略称)
(注2 宇宙名探偵に敗北した際に20面相セブンからもらった)

【関連情報】

K-20TWENTY 怪人二十面相・伝』(goo映画)

『怪人二十面相』(Wikipedia

『帰ってきたウルトラマン』(Wikipedia

『少年探偵団(BD7)』(Wikipedia


(古賀)


« ハムレット | トップページ | 太陽がいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/43768751

この記事へのトラックバック一覧です: K―20(TWENTY) 帰ってきた怪人二十面相・伝:

« ハムレット | トップページ | 太陽がいっぱい »