« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/25

あらしのよるに

1957・日活

監督 井上梅次
製作 児井英生
脚本 井上梅次 西島大
出演 石原裕次郎 北原三枝 金子信雄 笈田敏夫他
原作 きむらゆういち

【STORY】

ある嵐の晩、仲間とはぐれた暴れん坊山羊の国分正一は壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。退屈しのぎに暗闇の中でドラムを叩きはじめた正一の横で、同じように嵐から逃れてきた者が叩くドラムの音が。激しいドラム合戦の末に意気投合した二人は、再会を約束して山小屋を出た。合言葉は「あらしをよぶおとこ」。ところが翌日、待ち合わせ場所にあらわれたのはかって正一の右手を食べかけたことのある宿命のライバル、狼のチャーリー桜田だった――シリーズ累計250万部突破の人気絵本『あらしをよぶおとこ』を石原裕次郎主演で映画化。山羊の着ぐるみをした裕次郎の熱演が、彼を一夜にして国民的大スターにした。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

【世界的大作市民映画】

41/米

監督 オーソン・ウェルズ
脚本 オーソン・ウェルズ ハーマン・マンキーウィッツ
製作 オーソン・ウェルズ
出演 オーソン・ウェルズ ジョセフ・コットン ドロシー・カミングス他
原作 嘉門達夫

【STORY】

財閥の主で城のような邸宅に住む新聞王ケーンが死のまぎわに残した言葉「わかっちゃいるけどやめられない」。

ケーンの死の真相を探るため生前関係の深かった人物を訪ね歩く新聞記者により、「目薬をさす時は無意識に口をあける」「雑誌を買うときは上から3冊目をとる」「石鹸が擦り減ると新しい石鹸に貼り付ける」「シャンプーの中ブタをとりお湯を入れて使い切る」「アーモンドチョコをなめてアーモンドだけにする」「薬局でアレを買うときは別の薬を買うついでを装う」「メイドを見ると思わず『メイドさん萌え~っ』と言ってしまう」「カラオケでマイクを持つとウケ狙いで『火星人襲来』の朗読をはじめる」などなど、孤独な新聞王の意外な実像が次々と明らかに。

『小市民ケーン』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

ブラザーズ・ウェルズ

05/米

監督 テリー・ギリアム
脚本 アーレン・クルーガー
出演 マット・デイモン ヒース・レジャー モニカ・ベルッチ他

【STORY】

兄は小説家弟は俳優のウェルズ兄弟は、火星人が襲来したように人々に信じこませそれを退治したように見せかけるインチキ稼業で金を稼ぎながら世界各地を旅してまわっていた。ところがアメリカで少しばかり大がかりにやりすぎたために芝居がばれて軍隊に捕まった二人は、「火星人が無理ならせめて月人を捕まえて来い。そうすれば許してやる」と大統領に無理難題をふっかけられる。苦労して重力遮断物質ケイバーリットで宇宙船を作りあげ、「薔薇のつぼみ」という謎の言葉を残して月に向って飛び立つ兄弟。密かに船に乗り込んでいた全く姿の見えない透明の怪人物、第3の男。そして過去と未来を自由に行き来するタイムトラベラーによりモンタージュ技法を駆使して語られる今は亡き月人たちの悲劇の歴史。

鬼才テリー・ギリアムがあらゆる古典SFのアイデアとあらゆる映画的手法をてんこもりにして作りあげた科学お伽噺。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »