« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/28

【未熟果実友情映画】

2005年9月3日封切

監督 大谷健太郎
原作 矢沢あい
出演 中島美嘉 宮崎あおい 松田龍平他

【STORY】

威勢良く果物の叩き売りをしている彼氏を追って東京にやって来た小松奈々と、おニャン子を越える歌手になる夢を抱いて上京したがお金に困ったあげくフェラチオ専門の風俗嬢になった大崎ナナ。道に落ちていた腐った果実の皮に滑って転んでぶつかったのをきっかけに知りあった、趣味も性格も正反対だがなぜかやたらとある種の果物に縁のある二人。そんな二人のナナの奇妙な共同生活、特に貧乏ゆえに毎日同じものばかりの偏った食生活を描く。

『BANANA―バナナ』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/25

ルパン対ホームズ(ほか大勢)

04/仏

監督 ジャン・ポール・サロメ
脚本 ジャン・ポール・サロメ ローラン・ヴァショー
製作 ステファーヌ・マルシル
出演 ロマン・デュリス ジェレミー・ブレット デビッド・スーシェ 天知茂 ピーター・フォーク 古谷一行 堤真一(ほか大勢)
原作 『怪盗対名探偵』 モーリス・ルブラン作
 『自由の女神ミステリ傑作選』 エラリー・クイーン&鮎川哲也編

「盗みは重労働 愛も重労働・・・」
生誕100周年を記念してついにあの怪盗紳士アルセーヌ・ルパンの華麗なる物語が完全映画化。
史上最大の獲物を狙う伝説の怪盗とその宿敵である名探偵シャーロック・ホームズ(ほか大勢)との息詰まる対決を、やや無理のある最強のキャストで実現。

【STORY】

「今夜0時 自由の女神像を頂きにあがります」怪盗X

「明智先生、どうやら自由の女神はまだ無事なようですね」
「油断は禁物だよ、小林君。怪盗Xはすでにこの女神像を偽物とすり替えてしまったのかもしれない。いや、この女神像そのものが怪盗Xの変装なのかも」
「それを見破るにはどうしたらいいのですか?」
「簡単さ。本物の自由の女神像なら『あなたは本物の自由の女神ですか?』と質問したら『はい』と返事するはずだが、怪盗Xの化けた偽物なら返事をしない」
「それでは試してみましょう――あなたは本物の・・・」
「はい」
「それっ、捕まえろ」

(江戸川乱歩作『女神像と旅する男』より)


「すると神父は逃げ去った犯人が自由の女神像をどうやって持ち去ったのかお判りになると?」
「巨大な風船も空気を抜いてぺしゃんこにすれば小さな袋にも収まります。それと同じですよ。犯人は自由の女神像の空気を抜いて折りたたんで持ち去ったに違いありません。ほれ、まるで私の持ち歩いている携帯用の空気入れてふくらます式にんぎ・・・もとい折畳傘のようにしてね」

(G・K・チェスタトン作『見えない女』より)


「わっはっは、わがはいがそんなちゃちなトリックを使うと思うかね」
「怪盗X、いやアルセーヌ・ルパン。それでは一つだけ教えてくれ。一体どうやって君ひとりで自由の女神像を盗み出すことができたのだ?」
「なに、簡単なことさ。わがはいはこの日のためにパリのレストランで栄養のつくものを食べあさりスポーツクラブでウエイトトレーニングを重ね体力をつけたのだ。」
「なるほどさすがはルパン、君にしかできない見事なトリックだ」

(モールス・ルブラン作『ルパンの筋肉痛』より)


「デュパン!よくこんな所に盗まれた像が隠されているとわかったものだ」
「それが盲点だったんだよ。普通我々は自由の女神像がどんな訪問客にも丸見えの状差しの中に逆さに突っ込んで入れてあるとは思いもしないからね」

(エドガー・アラン・ポー作『盗まれた女神』より)


「ポアロ、どうして戻ってきた自由の女神像がすり替えられた偽物だとわかったんだい?」
「やれやれ!ヘイスティングズ、君は女性というものを知らなすぎる。自由の女神というものは大福帳と五合徳利と巨大な金玉袋をぶら下げていたりはしないものなのですよ」

(アガサ・クリスティー作『そして信楽焼はなくなった』より)


「ホームズ、大変だ。本物の自由の女神像がバラバラに破壊された状態で発見されたらしいぞ」
「ワトスン、あの破壊された像は同時期に作られた六体の女神像の一つにすぎないのさ。ボルジア家の超々々々々巨大黒真珠の埋め込まれた本物の自由の女神は今ぼくの手中にある」
「さすがはホームズだ。一体どうやって取り返してきたんだい?」
「なに、この間のハリケーンでこっちの方まで吹き飛ばされてきてベーカー街221Bの軒下の蜘蛛の巣に引っかかってぶらぶらゆれている所を発見したんだよ。よくある話さ」

(コナン・ドイル作『6つの女神像』より)

刑事コロンボ、金田一耕助、京極堂(ほか大勢)はちらっとモブシーンに出てきます。探してみよう。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/23

スーダラ・トレック

79/米

監督 ロバート・ワイズ
製作 ジーン・ロッデンベリー
脚本 ハロルド・リビングストン
出演 植木等 谷啓 ハナ肇他

【STORY】

「コツコツ光速で飛ぶ奴ぁご苦労さん・・・」

たかが算盤の発達したシロモノにすぎない巨大コンピューターは口から出まかせで丸めこみ、異星人でもとびきりいい女はかまわずくどき、神のごとき超存在は嬉しがらせてもうけて逃げる・・・天性のハッタリとオトボケでアレヨアレヨと提督にまでのしあがり、謎のエイリアンもものともせずスイスイとワープ8で宇宙を世渡りしていくジェームズ・カークの無責任きわまる一代記。スイスイスタトレラッタスラスラスイスイスイー

写真=ヴァルカン人独特の挨拶『ヴァルカン・サイン』(長寿と繁栄をあらわす)をするMr.スポック

【映画に出てきた主な歌】

『スタトレ節』
『ヴァルカン人は死んでもなおらない』
『マッコイは遺憾に存じます』
『五万光年節』
『フェイザーでシビレ(麻痺)節』
『だまってUSSエンタープライズについてこい』
『ワープ3(すりー)行進曲』
『これで銀河も安心だ』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

D.N.A

96/米

監督 ジョン・フランケンハイマー
製作 エドワード・プレスマン
製作総指揮 ティム・ジンネマン クレア・ラドニック・ポルスタイン
脚本 リチャード・スタンリー ロン・ハッチンソン
出演 マーロン・ブランド ヴァル・キルマー デヴィッド・シューリス他
原作 『ドリトル先生航海記』 ヒュー・ロフティング

【STORY】

獣医のドリトル先生から手紙をうけとり、イルカの案内で先生の住む熱帯の孤島にやってきたトミー少年。
数年ぶりに再会した先生は別人のように変わりきっていた。以前バドルビイの町にいたときはレックス・ハリソン似だったのに、今トミー少年の前にいる奇妙な扮装をした男はどう見てもマーロン・ブランドだった。さらに変化したのは姿形だけではなかった。ドリトル先生は動物語を研究するだけでは飽きたらず、動物たちを人間の言葉を喋れるように獣人に改造してそれを己の思いのままに使役しようという恐るべき野心をいだき、この島にやって来たのだ。しかしふとしたことで先生の作りあげた厳しい楽園の掟に対する不満が爆発し、動物たちの中から反乱が勃発する。反乱の先頭に立ったのは皮肉にも先生の古くからの友人のオウムのポリネシアだった――天才動物学者の作りあげた動物たちの楽園の末路を描いたSFスリラーの傑作。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

【脳内約束映画】

2005年9月10日封切

監督 犬童一心
原作 あだち充
出演 長澤まさみ 斉藤祥太 斉藤慶太他

「南を甲子園に連れてって・・・・・・」

双子の弟和也と共有の恋人南(愛称)との約束を果たすべく上杉達也は甲子園にやって来た。
背中に南(愛称)の願いと南(愛称)そのものをおぶい紐で背負い、人々の好奇の視線を浴びつつ腎虚で死んだ弟のかわりに明青学園のエースとしてマウンドに立ちつづける達也。
果たして明青学園は達也の念願(注1)「史上初エースが全試合空気入れてふくらます式人形をしょったままで甲子園で優勝してしまった恥ずかしいチーム」の栄冠を勝ちとることができるのか?
青春の甘酸っぱさとほろ苦さと恥ずかしさ満載の映画。

『ダッチ』

(注1) 脳内カウントでは、達也と和也(死者)と南(極1号)3人の念願


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/16

私の頭の中の消しゴム

04/韓国

監督 イ・ジェハン
製作 チャ・スンジェ
脚本 イ・ジェハン
出演 チョン・ウソン ソン・イェジン他
原作 落語『掘の内』『粗忽医者』『粗忽長屋』『粗忽の使者』

【STORY】

運命の出会いによって愛し合い結ばれたチョルスとスジン。
夫の弁当におかずと間違えて腰巻でくるんだ枕を入れたり、行き倒れの死体を自分と間違えて脈をとったり、観音様と間違えて自由の女神へお参りして背中を洗ってやったり、年々おっちょこちょいともの忘れの度合いが激しくなるスジンは、ある日不安をおぼえて病院を訪れる。そして自分が、高座で演じられることはよくあっても現実に臨床例として報告されることは数少ない幻の人格類型『若年性粗忽者』であることを知る。
「幼少のころより何かもの忘れをするたびにお尻をつねって思い出していたの。これからはあなたが私のお尻をつねって!」
自分の記憶が次第に失われていく恐怖におびえ、必死にチョルスにすがるスジン。しかし、スジンのお尻は、子供のころからつねられどおしだったため肉が鉄のように固くなっており、とてもチョルスの生身の指で歯がたつようなしろものではなかった。「スジンの記憶を完全に取り戻すには、指先に特別の力量ある者が必要だ・・・」そして大工のチョルスのとった最後の手段とは――切ないラブ・ストーリー。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

ヒトラー~最後の12日間

04/独

監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
製作 ベルント・アイヒンガー
脚本 ベルント・アイヒンガー
出演 ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ララ コリンナ・ハルフォーフ他

【STORY】

ある日突然、あなたに理想の民族ができたらどうしますか?
それも・・・・・・とびっきり優秀で
とびっきり勇敢で
とびっきり強靭で
とびっきり規律正しくて
とびっきり忠誠心に厚くて
しかも、そのうえ・・・・・・
その民族はみんなみんな、とびっきり
総統のコトが大好きなんです!

「結局は国力の強いイケメン国家が有利な三次元の普通の外交に興味なし!」
「二次元の脳内ゲルマン民族萌え~~!」
「脳内仮想民族とともに生きるわれわれ(ナチス)を選挙で選んだのは現実の国民の自業自得。最後までわれわれと二次元につきあってもらおう!」
「おれの頭の中には世界一優秀なゲルマン民族がいるんだぜ。もう現実のドイツ人なんていらねーよ!」

胸に燃えさかるドイツ民族に対する純愛!(ただし二次元)。ひとときも休みなく行われるドイツ民族に対する献身!(ただし脳内)。理想のドイツ民族のためなら国家とともに心中するのも厭わぬ情熱!(ただし無理心中)。ピュアでロマンチストで電波男な人間ヒトラーの実像(?)に迫り、本国ドイツを中心に大きな批判を浴びた問題作。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

ハリー・ポッターと賢者の石

01/米

監督 クリス・コロンバス
製作 ディビッド・ヘイマン
製作総指揮 クリス・コロンバス マーク・ラドクリフ マイケル・バーナサン ダンカン・ヘンダーソン
脚本 スティーヴ・クローヴス
原作 『ハリー・ポッターと賢者の石』 J・K・ローリング
出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン他

【STORY】

「ダンブルドアせんせいわぼくが考えたことやこれからぼくのまわりでおこたことわぜんぶかいておきなさいといった。なぜだかわからないけれどもそれわ大せつなことでそれでぼくがまほを使えるかどうかわかるのだそうです。」

小学生並の知能しかない32歳のパン屋の店員ハリー・ポッターは、頭に賢者の石を埋め込む外科手術により天才的な頭脳と魔法の力を手に入れた。ホグワーツ魔法学校に入学し最初は新しく手に入れた自分の力を誇らしく思っていたハリーだったが、やがてダンブルドア校長が自分をただの実験動物としか考えていないことに気がついて苦悩する。そんなある日彼と同じ手術を受け額に稲妻型の傷があるネズミのアルジャーノンに、どんな魔法でも止めることができない恐るべき退行現象が・・・突如天才魔法使いになってしまった若者の深い孤独感を描き、全世界でベストセラーになった傑作ファンタジーの映画化第一作。

「どうしてまたばかになてしまたかまほがつかえないようになてしまたかわからない。きっとぼくがいしょけんめやらなかったからかもしれないさいきょうのやみのまほつかいヴォルデモートがぼくにまじないをかけたからかもしれない。

ついしん。どーかついでがあったらホグワーツまほがっこのうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。」


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

赤ひげ

製作 田中友幸 菊島隆三
監督 黒澤明
脚本 菊島隆三 黒澤明 井手雅人 小国英雄
原作 『赤ひげ診療譚』 山本周五郎
出演 坂口祐三郎 金子吉延 牧冬吉 天津敏他

【STORY】

信じない者は恐ろしい祟りに見舞われる怪しい宗教が流行り、海を渡ってきた奇怪な妖術者の群が各地を襲撃し、忍者の頭領が夜の天下を支配しようとして暗躍する騒がしい世相の下、「医は仁術」という理想をかかげ、いかめしい仮面の下にヒューマニズムあふれる素顔を隠して貧しい人々のために闘う一人の医師がいた。その名は赤ひげ。ご典医としての出世を夢見ながらも次第に彼の生き方に傾倒していく青年医師保本登(通称青ひげ)は、ついには名声への欲を捨てて赤ひげの道を継ごうと決意し、赤ひげの家に伝わる莫大な医薬品の謎を秘めた家宝『黄金ひげ』をつけ狙う悪人たちとの激しい戦いに身を投じていく――巨匠クロサワの放つ痛快なまでに時代考証を無視した大仁術冒険活劇。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

我輩は家紋である

33/米

監督 レオ・マッケリー
脚本 バート・カルマー ハリー・ルビー
出演 グルーチョ・マルクス ハーポ・マルクス チコ・マルクス他

【STORY】

決して副将軍になってはならない男が天下の副将軍になってしまった――水戸藩主になったその日から、藩の名前を勝手に『フリードニア藩』という意味不明な横文字に変えたのをはじめとしてやりたい放題。滅茶苦茶な言動で家臣と領民をひっかき回す。(後になぜか誤解されて名君とうたわれる)。勝手に殿中でクイズ番組をはじめ、自分は司会者におさまる。(後に大日本史として編纂される)。隣の藩がおくりこんだ2人のスパイ、ペテン師の佐々木助三郎と一言も喋らない無口男の渥美格之進を引き連れて史実にありもしない諸国漫遊の旅にでかける。(後にテレビの人気番組になる)。行く先々でトラブルを巻き起こし、気分次第で将軍家の葵の御紋の入った印籠を「我輩の家紋である」と役人に見せつけて平伏させ、腰元からもらったという口髭をひねりながら成敗した悪代官の未亡人を口説きまくる。(後に何か勘違いした民衆から感謝される)――勧善懲悪の庶民のヒーロー水戸黄門をあのグルーチョ・マルクスがどういうわけかピッタリのハマリ役として演じてしまった問題作。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/04

怪人二十面相 第1部・人か魔か? 第2部・巨人対怪人 第3部・怪盗爆砕

1954・松竹大船

製作 桑原良太郎
監督 弓削進
脚本 小川正
原作 江戸川乱歩
出演 若杉英二(明智小五郎) 沼尾釣(怪人二十面相) 細谷一郎(小林少年)他

【STORY】

「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに僕の手引きでこのアジトにはいりこんだ警官隊が君の部下と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君が春山家から誘拐したお嬢さんがぼくの部下の小林少年と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君の手の中の拳銃が僕の用意したおもちゃのピストルと入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君が手にしている黄金の仏像がぼくが参拝してきた奈良の大仏と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君が乗っている逃走用の自動車がぼくが食べたバナナの皮と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君の秘蔵の『十二歳未満美少女官能写真集』が小林少年秘蔵の『八十八歳以上裸女かんかんのう写真集』と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」

「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君の持っているおにぎりがぼくの持っている柿の種と入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回は私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに尾道のお寺の階段から一緒に転げ落ちた時に君とぼくが入れ替わっていることに」
「なにィ、しまった!」


「フフフ、どうやら今回はもう絶対に間違いなく神に誓っても100%私の勝ちだね明智くん」
「アハハハハハ、まだ気づかないのかね二十面相くん。すでに君がぼくの笑い声を聞くと『なにィ、しまった!』と反応するように、パブロフ博士の研究所で条件反射の実験台にされてしまっていることに」
「なにィ、しまった!」
「アハハハハハ」「アハハハハハ」
「なにィ、しまった!」「なにィ、しまった!」
「アハハハハハ」「アハハハハハ」「アハハハハハ」
「なにィ、しまった!」「なにィ、しまった!」「なにィ、しまった!」


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

犬神家の一族

91/米

監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 キャロライン・トンプソン
出演 アンジェリカ・ヒューストン ラウル・ジュリア クリストファー・ロイド他
原作 『犬神家の一族』 横溝正史

【STORY】

名前からして不気味な犬神財閥の当主で、他所で頻発する連続殺人事件や大量殺人事件を羨む犬神佐兵衛。その娘の3人の魔女、松子、竹子、梅子。戦争中砲撃で顔を吹っ飛ばされ、肩の上にマネキンの首をのせている孫の佐清(風呂の中で逆立ちしながら眠るのが趣味)。言い寄ってくる男がことごとく災厄にみまわれるため万年処女で欲求不満の珠世。怒ると獣人に変身する下男の猿蔵。他作品からゲスト出演の三本指の生きている手首ことハンドくんなどの奇妙奇天烈なキャラクターばかりのイヌガミ・ファミリーが大活躍する人気シリーズの映画化第1作。25年間行方不明だった佐兵衛の息子青沼静馬が犬神家にあらわれたために、一家の財産をめぐって屋敷の内外でくり広げられる生首と生き血の飛び交う生臭い珍騒動。背筋の凍る可笑しさのブラック・コメディの傑作。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »