« オペレッタかりおすとろ御殿 | トップページ | シザーハンズ »

2005/08/17

ライオン・キング

94/米

監督 ロジャー・アレーズ ロブ・ミンコフ
脚本 ジョナサン・ロバーツ アイリーン・メッキ
製作 ドン・ハーン
出演(声) ジョナサン・テイラー・トーマス マシュー・ブロデリック ジェームズ・アール・ジョーンズ他 

【STORY】

ジャングルの王者として動物たちの上に君臨するムファサに待望の男児が誕生した。シンバと名づけられた息子をムファサは目の中に入れても痛くないほど可愛がっていたが、腕白なシンバはシマウマの群れを追いまわして遊んでいる最中に人間のジープにはねられて死んでしまった。慟哭するムファサ。そんなムファサにムファサの弟で邪悪な魔法使いのスカーは、土と木と水と火でシンバそっくりの像を作り大気の精霊の力を呼び集めれば、シンバを甦らせることができると吹きこむ。狂ったように夜も昼もシンバそっくりの像を作りつづけ、大気の精霊を呼び出す呪文を唱えつづけるムファサ。ついにある大嵐の日、精霊が感応した印の巨大な雷がシンバの像にたて続けに落ち、像は命を得て動きはじめる。大喜びするムファサ。だがスカーだけが知っていた、像から生まれたシンバはいつまでたってもたてがみも生えず成長もせず大自然の摂理“サークル・オブ・ライフ”もおぼえない偽りの生命にすぎず、やがて父ムファサみずからの手によってジャングルから追放される運命にあることを・・・マニアの間で「手塚治虫のジャングル大帝の盗作ではないか」と騒がれ、話題をよんだディズニーの娯楽作品。

同時上映『地上最大のアニマル』。黒曜石から呪いの力で生み出された悪魔の牛プルートゥが、地上最強の獣の王の称号を手にするべく、シンバを襲う。


(古賀)


« オペレッタかりおすとろ御殿 | トップページ | シザーハンズ »

コメント

公開当時、シンバのおしりのマシンガンに
ディズニーそこまでやるか!と愕然としたものです。
盗作云々に関しては、手塚先生のご遺族も納得されているそうなので
あれこれ言うことはないのですが…。

映画紹介ももちろんですが「今週のおすすめサイト」も楽しみにしています(^_^)

投稿: ナラ萌え | 2005/08/17 04:28

>公開当時、シンバのおしりのマシンガンに
>ディズニーそこまでやるか!と愕然としたものです。

シンバに魔法動物だけの国を作ろうともちかける青い獅子や、シンバの危機にあらわれるたてがみにリボンをつけた獅子(実は雌ライオン)や、シンバの病気を治してくれるかわりに法外な生贄を要求する黒い魔法医のジャッカル(ハザマクロジャッカル)や他にもいろいろそれっぽいところが多かったですが、ディズニーは「偶然の一致」とつっぱねてましたね。

>映画紹介ももちろんですが「今週のおすすめサイト」も楽しみにしています(^_^)

ありがとうございます。ナラ萌えさんもこちらのコメント欄で結構ですから、面白いサイトがありましたら是非紹介してください。

投稿: 古賀 | 2005/08/17 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78610/5445714

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン・キング:

« オペレッタかりおすとろ御殿 | トップページ | シザーハンズ »