« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005/08/31

ローマの休日

53/米

監督 ウィリアム・ワイラー
製作 ウィリアム・ワイラー
脚本 アイアン・マクラレン・ハンター他
出演 グレゴリー・ペック エディ・アルバート オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン オードリー・ヘップバーン他

【STORY】

ある小国から理想のお兄ちゃんを求めておしのびでローマにやって来た12人のプリンセスと、偶然彼女たちの正体を知ったアメリカ人の新聞記者ジョー・ブラッドレーとの、いろいろな意味でかなわぬ恋を描いた恋愛映画の不朽の名作。記者会見の席で「ご家族の中で誰が1番お好きですか?」という新聞記者の質問に対して、「どの家族にもそれぞれ良いところが・・・でも、やはりお兄ちゃん・・・何といってもお兄ちゃんが世界で1番です!この地でのお兄ちゃんとの素晴らしい思い出は生涯忘れないでしょう」と12人のオードリー・ヘップバーンが同時に答える有名なシーンは、全世界の特殊な嗜好の観客のハートをがっちり鷲掴みにした。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/28

【主体的肉体的愛情調査映画】

04/米、独

監督 ビル・コンドン
出演 リーアム・ニーソン ローラ・リニー クリス・オドネル他

新たな生命科学の分野を確立するために、命の危険をも省みず某国に潜入して独裁者の夜の日課を丹念かつ執拗に調べあげ著作物にした1人の勇気ある科学者の感動の物語。

『愛についての金日成(きんにっせい)・レポート』


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

シンデレラ2

49/米

監督 ウィルフレッド・ジャクソン ハミルトン・S・ラスク クライド・ジェロニミ
製作 ベン・シャープスティーン
原作 シャルル・ペロー
出演(声) アイリーン・ウッズ ヘレン・スタンリー他

【STORY】

お城の舞踏会に行きたくてたまらないシンデレラのために魔法でドレスや馬車を出してくれたフェアリーゴッドマザーは、再びシンデレラにこう忠告しました。

「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、おまえがマグロ女であることが王子さまにわかってしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して2時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。2時を過ぎると魔法が解けて、お前がやっている真っ最中でも姉さんの悪口を言うと止まらなくなり口から泡を吹くまでしゃべり続ける粘着だということが王子さまにわかってしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して4時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。4時を過ぎると魔法が解けて、お前が毎晩のいびきで隣人に訴訟を起こされた強者だということが王子さまにわかってしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して6時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。6時を過ぎると魔法が解けて、お前がいびきと歯ぎしりと連続放屁を同時にこなすテクニシャンだということが王子さまにわかってしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、おまえが正午より前に起きるなんて女の恥だという独特の思想の持ち主であることが王子さまにわかってしまうからね」

恋の魔法と現実主義の厳しい対立を描いたディズニーの傑作長編漫画映画。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

シンデレラ

49/米

監督 ウィルフレッド・ジャクソン ハミルトン・S・ラスク クライド・ジェロニミ
製作 ベン・シャープスティーン
原作 シャルル・ペロー
出演(声) アイリーン・ウッズ ヘレン・スタンリー他

【STORY】

お城の舞踏会に行きたくてたまらないシンデレラのために魔法でドレスや馬車を出してくれたフェアリーゴッドマザーは、最後にシンデレラにこう忠告しました。

「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、王子さまが変装をといた明智小五郎になって、高笑いをしながら灰かぶりの小娘がお姫さまになりすましたトリックを暴いてしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、シャーロック・ホームズがガラスの靴に付着した泥から身元を割り出して犯行現場から逃げ出したのがお前であることを見抜いてしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、金田一耕助が頭をかきながら『この事件はかってカリオストロ城で起こった殺人と深いつながりがあるんです』と忌まわしい惨劇の真相を明るみに出してしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、京極堂が『この世には不思議なことなどなにもないのだよ』と憑き物落としを始めて、ドレスをぼろに、馬車をカボチャに、御者をネズミに、バナナをおやつに、自由の女神を金日成の銅像に、ねずみ男を大塚周夫に、鉄人28号を白黒実写版にしてしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、大槻教授がドレスの正体をプラズマに、馬車の正体をプラズマに、御者の正体をプラズマに、お城の正体をプラズマに、王子さまの正体をプラズマに、それから、えーと・・・・・・・・・・・・・・・・・・とにかく何もかもその正体をプラズマにしてしまうからね」


「よくお聞き、シンデレラ。決して12時を過ぎるまでお城にいてはいけないよ。12時を過ぎると魔法が解けて、科学者が首をひねったあげくわからないことは何もかもソラリスの海のしわざにしてしまうからね」

妖精の魔法と合理主義の激しい対決を描いたディズニーの傑作長編漫画映画。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

マトリックス

監督 ユアン・ウー・ピン
脚本 ウン・シー・ユアン
製作 ウン・シー・ユアン
出演 ジャッキー・チェン ユアン・シャオ・ティエン ウォン・チェンリー他

【STORY】

仮想現実の中にある拳法道場の門下生ネオ(ジャッキー・チェン)は、類い稀な才能を持ちながらも厳しい修行を嫌い、毎日酒を飲み歩きながら無為に日々をすごしていた。ところがふとしたことで巨大電脳と人間との抗争にまきこまれた彼は、酒場で巨大電脳の用心棒エージェント・スミス(ウォン・チェンリー)に「マトリックスに手を出すな」という警告を受け、こてんぱんに叩きのめされて自分の未熟さを思い知らされる。雪辱を果たすために不思議な老人モーフィアス(ユアン・シャオ・ティエン)に弟子入りし、仮想現実と本物の世界を行き来しながら、泣きたくなるほど辛い修行を積んで着々と実力をつけるネオ。そしてついに既成概念を捨てれば捨てるほど強くなる不思議な拳法『酔狂拳』の奥義をきわめたネオは、飛んでくる弾丸をスローモーションでかわすほどの功夫(クンフー)と広東語の軽口を武器に、再びエージェント・スミスに戦いを挑んだ――格闘活劇の歴史を塗り替えたといっても過言ではないコミカルな中に骨太なアクション満載の画期的作品。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

ヴェラ・ドレイク

04/英・仏・ニュージーランド

監督 マイク・リー
製作 サイモン・チャニング=ウィリアムズ
脚本 マイク・リー
出演 イメルダ・スタウントン フィル・デイヴィス ピーター・ワイト 藤田まこと 山崎努 京本政樹他

【STORY】

のさばる腹をなんとする
天の助けをまってはおれぬ
この世の正義もあてにはならぬ
闇にさばいて始末する
アーメン

自動車修理工場で働く夫と二人の子供とともに貧しいけれどもささやかに暮らすヴェラ・ドレイク。彼女の表の顔は平凡な主婦だが、裏の顔は貧しい女性を苦しめる極悪非道な胎児を闇で始末する凄腕の仕事人だった。彼女が率いる主婦の仕事人と、堕胎医の殺しを専門に請け負う神父の仕事人と、はるばる英国にビジネスチャンスを求めてやって来た日本の仕事人が、お互いの存亡をかけてロンドンを舞台にくり広げる三つ巴の闘争。果たして最後に生き残るのは家庭の幸せか?日本刀とエクスカリバー、三味線とバグパイプ、かんざしとケルト十字架、念仏とソールズベリー聖歌、組紐と臍の緒が火花を散らして激突する痛快娯楽活劇。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/19

シザーハンズ

90/米

監督 ティム・バートン
製作 ティム・バートン
脚本 キャロライン・トンプソン
出演 ジョニー・デップ ウィノナ・ライダー ヴィンセント・プライス他

【STORY】

はるか異星の発明家によって作り出された両手がハサミの心優しい人造人間シザーハンズ。発明家の実験の失敗で母星がふっ飛んでしまったため宇宙を漂い地球に流れ着いた彼は、そこで1人の日本人の青年と仲良くなる。宇宙人や人造人間にも理解のあるその青年は、もし君が地球の風俗、習慣に馴染めるのならば、このままこの星に住めばいいとシザーハンズに話す。喜ぶシザーハンズ。だがシザーハンズは一体だけではなかった。20億3千万ものシザーハンズがあげる「ふぉっふぉっふぉっふぉっ」という喜びの高笑いを前にして、青年は光を放つカプセルを握った右手を空高くあげ、地球のためにやむなく残酷な決断を下す・・・人々のエゴのために居場所を失い消えていく人造人間たちの悲しい運命を描く大人のお伽噺。ジョニー・デップが哀愁漂うバルタン星の人造人間エドワード(シザーハンズ1号)を好演。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/17

ライオン・キング

94/米

監督 ロジャー・アレーズ ロブ・ミンコフ
脚本 ジョナサン・ロバーツ アイリーン・メッキ
製作 ドン・ハーン
出演(声) ジョナサン・テイラー・トーマス マシュー・ブロデリック ジェームズ・アール・ジョーンズ他 

【STORY】

ジャングルの王者として動物たちの上に君臨するムファサに待望の男児が誕生した。シンバと名づけられた息子をムファサは目の中に入れても痛くないほど可愛がっていたが、腕白なシンバはシマウマの群れを追いまわして遊んでいる最中に人間のジープにはねられて死んでしまった。慟哭するムファサ。そんなムファサにムファサの弟で邪悪な魔法使いのスカーは、土と木と水と火でシンバそっくりの像を作り大気の精霊の力を呼び集めれば、シンバを甦らせることができると吹きこむ。狂ったように夜も昼もシンバそっくりの像を作りつづけ、大気の精霊を呼び出す呪文を唱えつづけるムファサ。ついにある大嵐の日、精霊が感応した印の巨大な雷がシンバの像にたて続けに落ち、像は命を得て動きはじめる。大喜びするムファサ。だがスカーだけが知っていた、像から生まれたシンバはいつまでたってもたてがみも生えず成長もせず大自然の摂理“サークル・オブ・ライフ”もおぼえない偽りの生命にすぎず、やがて父ムファサみずからの手によってジャングルから追放される運命にあることを・・・マニアの間で「手塚治虫のジャングル大帝の盗作ではないか」と騒がれ、話題をよんだディズニーの娯楽作品。

同時上映『地上最大のアニマル』。黒曜石から呪いの力で生み出された悪魔の牛プルートゥが、地上最強の獣の王の称号を手にするべく、シンバを襲う。


(古賀)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/14

オペレッタかりおすとろ御殿

監督 鈴木清順
脚本 浦沢義雄
出演 狸姫=チャン・ツィイー
    三世=オダギリ・ジョー
    黄金仮面王/狸親父(二役)=平幹ニ朗
    びくとわある婆々=由紀さおり
    不二子の局=薬師丸ひろ子

【STORY】

世界中の泥棒の頂点に立ち、富も名声もきわめつくしたと己れに酔いしれる奇巖城城主、黄金仮面王。そんな仮面王に、乳母のびくとわある婆々は、孫の三世が将来彼を凌ぐ世界一の大泥棒になると予言した。自分より優れた存在は肉親といえども許せない仮面王は、三世をひそかに亡きものにせんとたくらみ、インターポールさえ易々と化かす狸親父の住む狸のお城かりおすとろ御殿から、葉っぱをお札に変える秘術を盗み出してくるよう三世に命じる。今まで狸汁の具にされなかった盗人は1人もいない警備厳重なかりおすとろ御殿に忍びこんだ三世は狸の番兵に見つかってこてんこてんにのされ、尻尾を巻いて御殿を逃げ出した。半死半生になって御殿の裏庭で狸寝入りをきめこんでいた三世を親身になって介抱してくれた一人の女の子。彼女こそかりおすとろ御殿に住む狸親父と同族(同じ穴の狢)の狸の国のお姫さまだった――種族の違いを越えた二人の恋の行方をユーモラスに描き出す涙あり笑いあり腹芸あり化かし合いありかちかち山ばりのデッドヒートするアクションあり大時計の針に金玉を(体ごと)押し潰される狸親父ありの豪華絢爛一大エンターテインメント。

「葉っぱをお札にはまだ変えられないけれど・・・きっと、おぼえます!」


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

ロボッツ

05/米

監督 クリス・ウェッジ
出演(声) ユアン・マクレガー ハル・ベリー他

【STORY】

使えない家電のよせ集めから偶然誕生した中国初の人型二足歩行ロボット先行者は、世界一優秀なロボットになるのを夢見てはるばるロボットの都マイクロソフト・シティにやってくる。ところがマイクロソフト・シティの支配者ビルゲイツーは、自社製のソフトを組み込んでいない電子頭脳を持つロボットは全てスクラップにしてしまう計画を着々とすすめている悪人だった。先行者は、仲間のアシモや犬のアイボと共に、破壊力抜群の股間の中華キャノンでビルゲイツーの陰謀に立ち向かう。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/10

メメント

00/米

製作 スザンヌ・トッド ジェニファー・トッド
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
出演 ガイ・ピアース キャリー・アン・モス他
原作 『ねじ式』 つげ義春

【STORY】

まさかこんなところにメメントクラゲがいるとは思わなかった。ぼくはメメントクラゲに頭を刺されて、10分間しか記憶を保てない前向性健忘症になってしまったのだ。
「もしあなたに義侠心というものがあるならば、妻を殺した犯人を教えてください」
「なるほど、あなたの言わんとすることがわかりました。あなたはこう言いたいのでしょう。『find him and kill him』と」
「悪質な冗談はよしてください。ぼくは死ぬかもしれないのですよ・・・・・・ところであなたは誰ですか?」
「はっ、もしやあなたこそぼくの妻を殺した犯人ではないのですか?」
「これには深いわけがあるのです。シクシクシク」
「どんなわけです」
「それにはインシュリン注射のことから話さなければなりません。けれどもそれはできない相談です」
「なるほどそれではききますまい・・・・・・ところであなたは誰ですか?」
「先生、真実を知るためのシリツをしてください」
「わかりました。では唐獅子牡丹ごっこをしてあげます」
「麻酔もかけずに彫るのですか。あなたは乱暴な人ですね・・・・・・ところであなたは誰ですか?」
「そこにちゃんと消えないように名前が彫ってあります」
「あっ、本当だ」
「どうやら成功したようです」
それからのぼくは最も重要な情報はすべて体に刺青(タトゥー)で彫りこむようになったのです。

夢とも現実とも捏造とも真実ともつかない不思議な「記憶」の世界をさまよう上半身裸の男の物語。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

オセロ

95/英

監督 オリヴァー・パーカー
脚本 オリヴァー・パーカー 
出演 阪東妻三郎 水戸光子 滝沢修他
原作 『オセロ』 シェイクスピア

【STORY】

♪吹けば飛ぶよなボードゲームの駒に 賭けた命を笑わば笑え♪

ムーア人のぞうり職人サカター(阪東妻三郎)は、片面が黒で片面が白の駒をつかうボードゲームにかけては負け知らずだが、家計は火の車で、恋女房のコハール(水戸光子)にはいつも苦労ばかりかけていた。トルコ人の名人たちを相手に圧勝を重ね、ついに栄えある名人位をかけてセキーネ八段(滝沢修)との勝負に挑むサカター。圧倒的な実力でセキーネを打ち負かし、名人位を目前とするサカターのもとに届けられた妻コハールの不義密通の知らせ。嫉妬のあまり自らの手でコハールを扼殺し、「勝つだけのオセロと、りっぱなオセロとは違うんや」と言って名人位を固持するサカター。しかし全てはサカターを失脚させて名人位を守りぬくためのセキーネの策謀だった・・・シェイクスピアの四大悲劇のひとつを、オリヴァー・パーカー監督が日本的情緒あふれる傑作に仕上げた。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

アイランド

05/米

監督 マイケル・ベイ
出演 スカーレット・ヨハンソン ユアン・マクレガー他

【STORY】

東洋の島国に住む野口英世と樋口一葉の二人は、ふとしたことで自分たちが本物の人間ではなく、国家のプロジェクトのために作り出され生かされているだけのコピー人間であることを知る。彼らが財務省印刷局で大量に作り出された真の目的とは一体何か?・・・『アルマゲドン』『パールハーバー』のマイケル・ベイ監督が、死んだ昔の人間をクローン技術で甦らせたり、小さく縮めたり、ぺっちゃんこに押し潰して平面人間にしたり、紙に貼りつけたり、市場で商品と交換したりすることの是非を鋭く問う近未来経済SF。


(古賀)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »